リンク

イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 今年の抱負 | トップページ | ランチア デルタ用オリジナルマフラー生産終了のお知らせ »

2020年1月31日 (金)

オイルの話(寒い時期にある症例)

冬とはいえ、暖かい日が続いています。

とはいえ、やはり東北、気温的には厳しいです。

さて、オイルの話

設計年次の旧い車には鉱物油、新しい車には化学合成油、とよく言われます。

オイルの性能的には化学合成の方が優れていることは否めません。

では、何故相性的に合わないといわれるのか

結論からわかりやすく言うと、

化学合成の方が浸透性に優れており、細かなところまで入り込んでくれる性質があるから

このため、ガスケットの密着が現代の車に比べて比較的甘い(工作加工精度やガスケットの材質も含みます)設計年次の旧い車には合わない、といわれる由縁だと思います。

逆に考えれば、細かなところまで浸透してくれる性能を鑑みると、性能的には化学合成に軍配が上がると思います。

 

先日、オイル交換のご依頼があり交換をさせていただきました。

オイルは鉱物油指定だったため、お客様に好みのブランドのものをお持ち込み頂くようにアナウンスしました。

抜き取りも終わり「随分かためのオイルだな~」(20w-50)と思いながらも注入

その後、エンジンが始動不能に・・・

セルモーターの回り方がバッテリー上がりのように重く、バッテリーが上がったのか?と思ったほどです。

エンジン始動用の補助電源を使い、セルを回しましたがNG、プラグが完全にかぶってしまいました。

結局スパークプラグを交換し、シリンダー内部のガソリンを飛ばし、オイル交換(化学合成10w-40)して始動可能に。

寒い時期に粘度の高いオイルを使用すると始動不能になる場合がある勉強をさせていただきました。

 

オイル交換をするタイミングと粘度指数の選択は意外に大切ですね。

 

 

 

 

« 今年の抱負 | トップページ | ランチア デルタ用オリジナルマフラー生産終了のお知らせ »

最近の整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の抱負 | トップページ | ランチア デルタ用オリジナルマフラー生産終了のお知らせ »