リンク

イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月29日 (金)

お陰様でいつの間にか

今年も3月29日を迎える事が出来ました。

お陰様で1997年の今日、ARPをオープンして丸22年が経ちました。

これもARPを可愛がり、ご愛顧下さいましたお客様方のお陰と感謝しております。

ありがとうございます。

多分、毎年同じ事を書いているのだろうと思いますが(笑)

‘97に店を開くまでの準備期間に約3年ありました。

‘94に当時勤めていた所が急に閉めてしまい、一部の従業員と役員を除いた現場の人間には一切周知されない状況での急な廃業だった為、その時は正直途方に暮れました。

しかし、元々独立希望だった私は、時間は多少掛かりましたが逆に良い機会と考えて前に進みました。

‘94後半は関東の某ショップにて修行も兼ねて出稼ぎへ

‘95に宮城に戻り、当時の友人の車屋を間借りする形で暫定スタート

‘96にそこを出て、クルマに工具を積んで出張修理をしながら準備を進め

そして‘97/3/29に念願の自分の店を開けました。

持って半年、ダメなら就職、今となっては若気の至りかと思えるほど勢いが有りました。

その年に生まれた甥も今は大学を卒業し、春から院生です。

歳をとるのは当たり前ですが、月日の経つのは早いものです。

それから22年、あっという間でした。

今は車の修理もECUの診断機が無いと出来ない時代です。

思い起こせば自分はメカとして良い時代をすごしてきたと思います。

キャブ、ポイントから始まり、触媒が付き、インジェクションになり、ターボが付き、ハイブリッドになり・・・

段々とキャブを弄れるメカも今後少なくなるんだろうな、などと思うこのごろ

明日から23年目に入ります。

もう3年頑張れれば四半世紀になります。

まだまだ、もう少し、頑張りますので変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

2019年3月 9日 (土)

シフトの話

久しぶりにV5.6純正のクイックシフトの取り付け依頼がありました。

その際に気が付いたことをまとめておきます。

ノーマルデルタのシフトフィーリングは、正直言ってイマイチの感が否めません。

「カチッ」とした感じでは無く

「グニュ」とした感じ

これはシフトロッド(リンク)のミッションとの結合部分にゴムブッシュを介している為で、V5用はデルリン製のブッシュが同じ所に使われています。

Img_4605_600x800
画像左(上側)の白いブッシュがそれ

Img_4604_600x800
簡単に交換、とは行かず、こんなに長い部品なのです。

これが室内を通り、ミッションと連結されていますので交換作業は思っているよりかなり分解箇所が多くなります。

Img_4606_600x800作業スペースの確保と左右のシートを入れ替える為にシートも外しています。

Img_4607_800x600既に復旧に入っていますので若干戻しています。

今回の作業で、意外と大切な部分を上げておきます。

Img_4610_600x800ノーマルのシフトレバーです。

Img_4611_600x800シフトレバーの下部には樹脂製のカラーが入っています。

Img_4612_600x800この様に入っています。

Img_4613_800x800既に割れてしまっていますが、ココのサイドに波ワッシャが入っています。これが意外に大切で、これが割れてしまうとシフトレバーがカタカタ動いてしまいます。

Img_4615_800x800シフトレバーとシフトロッドには若干の隙間があり、このワッシャで左右の動きを制限していますので、割れてしまうと尚の事フィーリングが悪くなります。

グリスアップついでに確認してみると良いでしょう。

この部分は器用な人ならシフトレバーのブーツ、パネルを外せば出来る可能性は有りますがセンターコンソールを外した方が無難に作業できると思います。










« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »