イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月16日 (月)

思った通りには

やっとブログを更新できます。

最近の仕事はタイトルの通り、思惑通りには進まなくなっています。

年数を重ねてきたクルマ、

特に複数オーナーの手を経ているクルマに多い傾向です。

Img_3140
FBには載せましたが、例えばネジ山のダメージ

きとんとトルクが掛からない状態のまま組みつけてある事があります。

これはランチア テーマ V6でした。

偶々オーナーさんからの要望でインテークスリーブの交換のご依頼があり、インテークパイプを分解していたところ、既に緩んでいる(締め付けられていない)箇所が数箇所有り、確認した所ネジ山がダメージを受けていたケースです。

分解しないと気が付かない部分でしたから、要望が無ければそのままになっていたと思います。気が付いてしまえば当然オーナーに連絡して許可、了承を頂いて修理します。

お預かりする段階では、想定というか見積もりというか、大凡のイメージで着手しますが想定外のことが起これば(見つかれば)作業工程も追加部品も発生してしまうわけで当初の見積もりよりも膨らんでしまいます。

不具合箇所を見つけているのに、そのまま組んでしまうという事も出来ません。

こういう事例も多くなり、クルマを見ない状況でなるべく正確な見積もりをする事は基本的には出来ない場合が多くあります。

ご理解をお願いしたいと切に思っています。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »