イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月

2018年5月25日 (金)

なかなか・・・

最近の天気、というか気温の変化(乱高下)に辟易しておりますが皆様は如何でしょうか?

さて、ブログの放置プレイも長くなり、「ネタ」というか記事として書き込むことがかなり億劫になって来ていましたが、やはりブログも更新していかなければ!と思う今日この頃です。

初めてご来店されたお客様に必ずお伺いするのが、

ウチの店はどの様にしてお知りになりましたか?です。

開業当初は、お知り合いの方からのご紹介が9割を超えるほどでしたが、ネット(特にスマホ)が一般的になり、検索されて来て頂ける方の割合が普及が進むにつれて逆転し、今となっては9割越えでネットで見ました、と仰って頂けます。

ネットでは、ブログですか?FBですか?の問いかけに

ブログを見ました、とのお答えが意外に多く、

やはりブログも定期的に、というかマメに更新しなければいけないんだな(笑)と切に思います。

ウチで見せていただく車種がイタリアのクルマに特化しているので、地方(東北、宮城)なので、やはり首都圏と比べると保有台数が少ないクルマ、という事になります。

保有されている台数が少ない中で、ウチの店を選んで頂ける事は嬉しい限りです。

折角ウチの店を選んでいただいたからには、出来る限りの仕事をしようと思うわけです。

ただ、難しい面もあります。

メールやお電話で見積もり依頼を頂きますが、定期交換の必要な物(タイミングベルトや消耗品関係)に関しては、ある程度の回答が出来るのですが、車検や一般整備の場合は実際にクルマを(ある程度)分解してみないと分らない所も多々あり、輸入車ゆえに部品代もそれなりな為に追加作業や追加部品の発生があった場合は見積もり金額を超えるケースも当然あります。

あくまでも見積もり、とはいえ余り大幅に超えてしまうことはやはり好ましく有りませんし、最初の見積もり金額と予算を考慮した上でのご依頼でしょうから悩ましい所ではあります。

ウチの仕事は、悪い箇所を探して、見つけて直す事だと思っています。

勿論予算は優先しますが、直さないと車検が通らなかったり、このままでは危険と判断するケースもある訳です。

また、ネオクラッシックと呼ばれる部類に入ってきた車も多くなりました。

新車から10年位でよく経験した故障等もありますが、20年を越え、四半世紀越えて発生する不具合、事例も増えて来ましたし、保管や使用状況などで大きく差が出る「錆」の為に分解する為に必要な時間が大きく変わって来ています。

マフラーの交換は幾ら位ですか?

いつも来て頂いているお客様のクルマなら大凡の想像、判断は出来ますが、例えばメールで初めて問い合わせを頂いた場合等は新車を除けば「分解に時間がかかる」、融雪剤の時期や地域で普通にお乗りの場合は最悪切断や追加部品も発生するかもしれない可能性があるので「高め+追加部品」の報告にならざるを得ない訳です。

安く見積もって高くなるよりは、高く見積もっていたけど安くなる方が好まれるし理解されると思っています。

これとは別に、ルーティンワークと思って作業を開始しても想定外のところに直さなければならないところを見つけてしまう事もあります。

なかなか難しいのですよ・・・

愚痴になってしまいましたが、ボチボチ更新しますので宜しくお願いします。

6月の営業案内

なんだか休業案内ばかりですみません。

先に報告せねば、と思うので書き込んでおきます。

来月6月は此方の段取りが悪く、週末の休業が重なってしまいました。(申し訳ございません)暫定ではありますが、定休以外の日で不在、若しくは半休などになる日をご報告させて頂きます。

6月3日(日曜)

6月9~10日(土日)

6月16日(土曜)

どうしても納車やお預かりで週末は立て込むのですが、スケジュール的に来月は上記の日程が休業になりそうです。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »