イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月20日 (金)

インジェクターのオーバーホール

Img_0469
インジェクターのオーバーホール(以下、O/H)をしてみました。

お陰様で長くお付き合いして頂いているお客様が多く、同時にクルマも長く見せて頂いております。

必然的にクルマも順調に年を重ねて(経年ですね)、少しずつ新車当時からは性能が低下して行きます。これは仕方の無い事です。

部品に関しては、あらゆる部分の「新品交換」等して行ければいいのですが、当然コストも掛かりますし、古くなったクルマには避けて通れない「欠品、生産中止」等も有る訳で、なかなか思うようには手入れして行けない所です。

インジェクターも経年で噴射状態が悪くなったり、噴射量にバラツキが出てきたりしますが、如何せん目視で確認できる部分でもなく、気にならない(気にしていない)オーナーも多いと思います。

そこでインジェクターのO/Hを施工してみました。

内部の消耗部品、フィルターなどの交換、超音波洗浄、噴射量、状態、等のテストもしてくれるし、(希望者には)テストレポート等も発行してくれます。

新品でインジェクターを交換するよりも、遥かにコストは抑えられます。

ただし、本体からのガソリン漏れ等はNGで、その場合は勿論新品にするしか有りませんが、逆に考えれば、これを確認してNG判定してくれるのも安心ですね。

O/Hは走行距離10万kmが目安だそうです。

検討してみる価値は十分にあると思います。

2017年1月19日 (木)

ランチア デルタ EVOL1 EXパイプキット

お待たせしました。

企画に入ってからかなりの時間が経過してしまいましたが、ようやく完成しました。

ランチア デルタ EVOL1(ディーラー車)用
型式 E-L31E5 純正触媒取り付け可能
ステンレス製 60φ EXパイプキットです。

Img_0478
フロントEXパイプ~リアマフラー間のパイプキットです。

ステンレス製で、太さは60φ

3ピース構造にしており、フロントパイプ~触媒までのフランジ、触媒以降のパイプ、そこからリアマフラーまでのパイプの3分割で構成しました。

前後の取り付けボルト(6)、
触媒取り付け部のボルト(4)、
触媒ガスケット(2)、
マフラーバンド(1)、
触媒のセンサーを外した際のグロメットボルト(1)

上記の内容がキット内に含まれています。

以下、注意事項です。

ディーラー車に装着されている触媒の取り付けが可能です。また、純正のフロントパイプ、リアマフラーにも装着可能な様に作成しましたので、補修部品としてもお使い頂けますが、元々、EVOL1までのデルタは、日本で触媒を後付けしていますので取り付け時の個体差もあります。取り付け(交換)に関して、微調整が必要になる場合もありますのでご了承下さい。触媒センサーがボディと干渉する個体もあるようです。その場合は付属のボルトを触媒のセンサー部分に装着して下さい。

お問い合わせをお待ちしております。

2017年1月 5日 (木)

あけましておめでとうございます。

Img_0450
皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します。

今日、1月5日より営業を再開させて頂きました。

初心を忘れず、キチンとした、丁寧な、ご理解(ご納得)頂ける仕事をしていける様に日々精進したいと思います。

毎年、同じ事を・・・とは思うのですが、これが基本で一番大切と思っております。

皆様のご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »