イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« アルファロメオ159 3.2 JTS | トップページ | デルタ用マフラーリリース »

2015年8月28日 (金)

フィアットパンダ(141)オーバーヒート

ブログは久しぶりの更新です。

フィアット パンダ(141) 4×4

オーバーヒートの修理ご依頼を頂きました。

Dscn3189
今年の夏は、特に暑かったので冷却系は、かなり頑張ってくれたと思います。

単にオーバーヒートといっても原因は多々あり、必ずしも「コレを交換(修理)すれば大丈夫」何て事は有りません。

このパンダが特に良い事例でした。

水温計は110℃を越えるあたりで(一応)安定?していた状況

ラジエーターファンが(スイッチ部直結でも)回らない事を確認し、ファンのカプラを点検しようと取り外しを試みますがNG・・・

どうしても外れないので諦めて切断して確認します。
(この時点で溶解しているのは想像できます)

Dscn3192Dscn3193結果はご覧の通り、内部で焼損が進み、溶けています。

カプラを新造して、水温スイッチを点検するとNG・・・

この時点でスイッチ部のカプラ直結ではファンが回る事を確認

水温スイッチを手配し、到着を待って交換しました。

水温計は上がるもののファンが回る気配は無し、アッパーホースは(触診で)温水が回っている事は分かりましたが、これは?と思いサーモスタットを取り外して確認するとNG・・・

Dscn3190結局、

Dscn3191
これらのパーツの交換が必要でした。

順序は分かりませんが、カプラは経年による同通不良や暑さにより過剰に回り続けたお陰で焼損し、サーモは多分少しずつNGになっていたのに(暑さにより水温高めと判断?)気が付くのが遅れ、全ての条件が重なったのかな?と推測しています。

何れにしても、故障は一筋縄では修理できない場合もある訳です。











« アルファロメオ159 3.2 JTS | トップページ | デルタ用マフラーリリース »

フィアット」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/62171644

この記事へのトラックバック一覧です: フィアットパンダ(141)オーバーヒート:

« アルファロメオ159 3.2 JTS | トップページ | デルタ用マフラーリリース »