イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。 | トップページ | 159車検整備(記録及び報告用) »

2015年2月 9日 (月)

ランチア デルタ車検整備

ブログは久しぶりの更新です。

車検整備のご依頼で山形からお越し頂きました。
(Yさん、ご依頼ありがとうございました)

最近の傾向としては、生産終了後20年経過したクルマだからこそ出てくる不具合が多くなっています。

例えば、今回のご依頼内容の中に、タイミングベルト及びウォーターポンプの交換が入っていました。特に問題が無ければスムーズに進む内容ですが、

Img_5110
タイミングベルトテンショナーベアリングにオイルが付着しているのが分かるでしょうか?

Img_5111主原因と思われる部位が、バランサーシャフトのオイルシールでした。(時間の経過があり、主に漏れているであろう箇所、汚れのひどい部分がここでした)

Img_5112ブラケットごと取り外します。

Img_5113Img_5114清掃、シール交換後の画像です。

折角タイミングベルトを交換しても、オイル漏れを修理しておかなければ本末転倒で、オイル漏れが増大するとベルト切れやコマ飛びを起こす危険性が増えてしまいます。

また、

Img_5108
ドライブシャフトブーツの破損

Img_5119ステアリングギアボックスのタイロッド(エンドではありません)のガタ等で車検不適合になるケースが多々出て来ました。

オーナーが気が付かない(気が付きにくい)症状としても明確に出難いよう整備箇所、項目が増えて来ています。

気が付きにくいとはいえ、整備完了後にお乗り頂くと、整備前と後の違いはハッキリ分かるほど違います。

順調に、何事も無ければ、大凡このくらいの期間で終了(完了)します、とはクルマを詳しく確認しない限り言えなくなって来ています。

とはいえ、デルタは楽しいクルマです。

自分の仕事は、不良箇所を見落とさずオーナーに伝え、出来る限り良い状態で乗っていただくお手伝いをさせていただく事だと思っています。














« 遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。 | トップページ | 159車検整備(記録及び報告用) »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/61110178

この記事へのトラックバック一覧です: ランチア デルタ車検整備:

« 遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。 | トップページ | 159車検整備(記録及び報告用) »