イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« アルファロメオ 156 V6 タイミングベルト交換 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

2013年7月22日 (月)

アウトビアンキ A112 アバルト(ドライブシャフトブーツ)

アウトビアンキA112 アバルトの修理ご依頼です。

Img_4487この個体は、以前、自分が所有していた車両そのもので、現在はウチのお客様の所有ですが、長く乗った事や手を掛けていた事もあり、思い入れは大きな車両です。

さて、今回は「ドライブシャフトブーツ」の交換です。

141パンダのドライブシャフトブーツ交換が続きましたが、不思議なもので仕事は案外重なるもの・・・

今回は、ビアンキに141パンダのドライブシャフトブーツを「対策として」組み込む事にしました。

対策、というと大げさですが、ビアンキのブーツは141パンダと同じで、ブーツ自体は回転せずに中でシャフトが回る構造なのに加えて、回転部分にベアリングが無く、受けとなるカラーとオイルシール(の様なもの)でミッションオイルを止めているだけの構造です。

だから、普通に停車しているだけでもミッションオイルが滲んで来るのが普通のクルマなんです。

Img_4490シャフトAssyの画像

Img_4488
ブーツ亀裂画像

Img_4489画像下部のシャフトの部分をスライドする構造です。

Img_4491
分解してシャフトのみにします。

Img_4492
元々の状態

Img_4493それに141パンダ用のベアリングを圧入します。

ベアリング内径に関しては、全く一緒です。

他、一部の加工が必要になりますので、現在加工待ちの状態です。

続きは後日



















« アルファロメオ 156 V6 タイミングベルト交換 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/57843537

この記事へのトラックバック一覧です: アウトビアンキ A112 アバルト(ドライブシャフトブーツ):

« アルファロメオ 156 V6 タイミングベルト交換 | トップページ | 夏季休業のお知らせ »