イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ジュリア サイドブレーキ不調

アルファロメオ ジュリア

サイドブレーキの不調でのご入庫です。
(H氏、ありがとうございます)

詳細は、オーナー立会いで分解しましたので、記録用としてアップしておきます。

最初は、サイドブレーキの効きが悪い
(引き代が多く、ワイヤーの伸び?と判断)

サイドブレーキケーブルを交換
(引き代は小さくなり、効きも確認)

馴染んだ後に引き代の調整

その後、ブレーキが軽く鳴くとの事でご入庫頂きました。

左のリアが、軽く当っているようでしたので、調整をし、念の為にローターを外してみたところ・・・

右リアは正常

Img_4161
念の為に、左のリアを調整しようと思いましたが、

調整用のダイアルが「かなり伸びている事」に気が付き、

開けてみると・・・

Img_4162サイドブレーキのライニングが消滅しておりました。

ローターも、

Img_4163
既に、かなり減っている状態・・・

気が付いて良かった・・・





2012年11月27日 (火)

アルファロメオ147GTA

アルファロメオ147GTAのタイミングベルト交換や他のご依頼でのご入庫です。(M氏、ご依頼ありがとうございました)

記録、保存用も兼ねての内容です。

先ず、インテークポートの状態

Img_4153画像が不鮮明ですが、V6のポートとしては、比較的きれいな部類に入ると思われます。でも、この程度のカーボン蓄積は有ります。

次に、ウォーターポンプ

Img_4156これに関しては、交換暦は無さそうです。

裏側(ポンプフィン側)

Img_4158クーラントを送り出すフィンは、ご覧の通り樹脂製です。

既にクラックが見えると思いますが、時々割れてしまうので厄介者です。

拡大してみましょう。

Img_4157
センターのシャフトに樹脂パーツが圧入されているだけなので、ここにクラック(割れ)が生じると、フィン自体が空回りを起こし、クーラントを送れなくなってしまい、オーバーヒートの原因になります。

ウチでは、交換の際(特に指定が無ければ)社外品のモノ(フィンが鋳鉄製)を使い、割れに対処させて頂いています。

後は既に報告済みでしたが、エンジントルクロッドの取り付け部分のねじ山が傷んでおりました。

Img_4154
取り付けボルトが長いので、ねじ山を修正し、トルクが掛かる事を確認して組み付けました。











2012年11月18日 (日)

RECS処理(ランチア デルタ)

ランチア デルタ EVOL2

オイル交換のご依頼でご入庫頂きました。
(U氏、ありがとうございます)

受付の際に話しをしているうちに、

RECSの処理を追加でさせて頂く事になりました。

Img_4151
U氏のデルタの走行距離は、10万kmを越えているので、
効果として「体感できるほど」に変化が出てくれる事を期待して・・

処理を終えて、試乗後の感想は、

トルクアップ(出て直ぐに気付いたそうです)

低速でのノッキング解消(多分トルクアップによるもの?)

など、かなりの変化が体感できたそうです。

おススメです♪

2012年11月16日 (金)

アルファロメオ147GTA(記録用)

車検整備でご入庫の147GTAです。
(I氏、ご依頼ありがとうございます)

記録用ですので悪しからず。

Img_4142

ブレーキフルードの交換、及びT/Mオイル、
エンジンオイル及びエレメントを交換しました。

ミッションオイルは、かなり汚れておりました。

セレスピード=A/Tではなく、あくまでもマニュアルミッションなので、定期的に交換することが望ましいと思います。

ECUチェック

Img_4143診断結果は

Img_4144_2
100点!(珍しいです)

月曜以降に車検を受けます。




続、アルファロメオ145T/S エンジン始動不能

昨日の続編です。

エンジン不能の主原因は、リレーでした。

バッテリー前側のカバーの中に入っているモノ。

後学(参考までに)の為に分解してみました。

Img_41453つ、全て交換しました。

Img_4148左側の接点に焼損が見られます。
右は比較的正常な状態です。

Img_4149受け側の接点比較(ほぼ正常なもの)

Img_4150
焼損しているもの、

このリレーが正常な機能を果たさず、エンジン始動不能になったようです。









2012年11月15日 (木)

アルファロメオ145T/S アイドル不調

Sくんの145T/Sの入庫です。
(Sくん、ご依頼ありがとうございます)

さて、

時々エンジンが止まってしまい始動不能になるとの事・・・

よくよく話を聞くと、自分で思い当たる節がかなり有る様で・・・

そこの部分は、端折ります^^

ところで、彼の車は既に10万km後半程走行しています。

相談の結果、

RECS処理とスロットルの清掃をする事にしました。

Img_4141処理中もアイドリングが落ち着かず・・・

処理後に、コンピューター診断を掛けてみたところ、

出るわ出るわのエラーだらけ・・・

問診してみると、思い当たる節がかなり・・・^^

全て過去故障なのでリセットをし、その後は絶好調ですが、経過を観察して頂きます。丁度もう直ぐ車検の様ですので、その際に再度チェックさせて頂く事にしました。

次回の入庫をお待ちしております。


2012年11月 8日 (木)

オイルパン(続編)

休業日をあえて挟んでの作業再開です。
(エンジンオイルを完全に落としてしまう為です)

やっと、オイルパンが外れました。

Img_4125
奥が取り外したもの、手前はこれから取り付けるもの。

中古のオイルパンブロックですが、

Img_4126ウェットブラスト処理をしているので新品の様です。

これから1日置いて(ガスケット安定の為)復旧作業に入ります。

2012年11月 5日 (月)

オイルパン周り

ランチア デルタEVOL2の修理ご依頼です。
(I氏、ありがとうございます)

さて、

内容は、下回りをヒットしたとの事でのご入庫です。

Img_4120ミッションとエンジンの連結プレート部分

Img_4119
オイルパンのスタッドボルト部分が欠損しています。

オイルパンやフロントパイプにも凹みが見られます。

その他の部分を確認していくと・・・

Img_4122センターデフとエンジンの結合部分

センターデフ側のボルトが曲がっています。

Img_4121ガッチリ、逝っちゃってます・・・

Img_4123
プレートを外して確認したところ、

センターデフケースにもクラックが確認されました。

お客様に連絡し、作業内容を再度打ち合わせます。











アルファロメオ156T/S セレスピード

新規のお客様にご来店頂きました。
(K氏、ご依頼ありがとうございました)

クルマは、アルファロメオ156T/S セレスピード

Img_4115購入されたばかりの様です。

高速道路を走行中に、チェックランプが点灯したので点検を、とのご依頼でした。

先ずは「問診」から・・・

多分、

何でこんな事を聞くんだろうと思われたと思いますが^^

初めて見せていただくクルマの情報は、何でも重要なんです。

さて、

了解を頂き、テスターによるチェックから・・・

Img_4109Okが殆ど有りません・・・

Img_4110記録用です。

Img_4111ここ、

Img_4112これと、

Img_4113これと、

Img_4114説明を含め、リセットできる部分と出来ない部分のご説明をし、内容の打ち合わせをして、後日ご入庫いただくことにしました。

イモビライザーのエラーに関しては、以前にもブログで書きましたが、「カード」のコードを要求される場合があり、テスターチェックご依頼の際は必要になる場合がありますので、必ずご準備下さい。

この他に、クラッチロッドの調整とセレの自己学習をさせて頂きました。

ありがとうございました。

部品については、これから見積もりです^^




















« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »