イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« アルファロメオ147 T/S セレスピード | トップページ | アルファロメオ 156V6 Qシステム »

2012年8月10日 (金)

水温上がらず

ランチア デルタ EVOL1の修理ご依頼です。
(F氏、ありがとうございます)

水温が走行中等に、全く上がらず、オーバークール気味との事でのご依頼です。

この様な場合は、基本的にサーモスタットが閉じていないケースが殆どですが、デルタのサーモスタットは、取り外す(交換する)のに厄介な場所についています。

Img_3993
ターボホース(アッパー)や周辺のパーツを取り外して、ようやくたどり着きます。

Img_3992
交換したサーモスタット。

ところでこのクルマ、交換後に水温が上がる事の確認及びクーラントのエア抜き中にエンジンが始動しなくなりました。

少し待つと再始動可能・・・

電装系(センサー等)なら、復活する事は(特別な例を除き)余り無い・・・

そういえば、フューエルポンプの修理履歴が無かった事を思い出し、オーナーに連絡をいれて点検、交換の了解を頂き取り外してみると・・・

Img_4000
最近良く見る光景ですが・・・

ゴミの量は「普通」

しかし、

Img_4001
フューエルポンプのマウントラバーが溶けています。

また、最近は余り乗られていないようで、ステーやその他の部分に錆が確認されました。オーナーの了解を頂き、ポンプは交換して作業終了。

やはり、クルマはキチンと乗ることが一番の手入れなのかもしれませんね。


« アルファロメオ147 T/S セレスピード | トップページ | アルファロメオ 156V6 Qシステム »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/55390797

この記事へのトラックバック一覧です: 水温上がらず:

« アルファロメオ147 T/S セレスピード | トップページ | アルファロメオ 156V6 Qシステム »