イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« デルタEVOL1  、5 | トップページ | ランチア デルタ EVOL2(車検編) »

2012年3月11日 (日)

デルタEVOL1   、6

約3日間掛かりきりでした。

やはり、地震が怖く(トラウマになっています)、長時間、クルマを上げたままにするのがイヤで木曜から一気に着手しました。

まずは、ミッションの取り外し

Img_3673お約束の「シリンダーブロックカバー」からのオイル漏れ

これは、バランサーシャフトを組み込む部分のシールです。

これはもちろん交換。

あとは、お客様が持ち込まれた部品の交換

Img_3674ウォーターバイパスパイプ(ステンレス製)

外した物はこちら。

Img_3684
中の様子

Img_3685思った通り、錆が出ていました。

そして、最大の問題・・・

エンジン始動時に(クランキングの際)異音が発生していました。

雰囲気としては、フライホイールのリングギアの不良のように感じましたが、外部から目視で確認する事が困難な車両である事と、クラッチの重さや走行距離から、クラッチのオーバーホール時期である事を説明して作業させて頂きました。

Img_3679フライホイールです。

Img_3680リングギアの状態(後方は比較用の正常品)

Img_3682異常な磨耗が確認できます。

Img_3681これが正常です。

Img_3683クラッチは、思った通り「交換時期」でした。

かなりの磨耗が確認できると思います。

Img_3686これも曲がっていたので交換しました。

シフトレバーマウントのミッション側と、そのブラケットです。

Img_3678これが正常。

Img_3677ちなみに、バックプレートの汚れの状態は

Img_3676金属の切りくずのような物が混じっていました。

破片も出て来ましたので、ご来店の際にご確認下さい。

(一気に作業した為に画像が前後しています。)



































« デルタEVOL1  、5 | トップページ | ランチア デルタ EVOL2(車検編) »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/54193623

この記事へのトラックバック一覧です: デルタEVOL1   、6:

« デルタEVOL1  、5 | トップページ | ランチア デルタ EVOL2(車検編) »