イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

ランチア デルタ EVOL1

手を入れる箇所が多く、打ち合わせもさせて頂き、また、なかなかタイミングが合わずにご入庫が延び延びになってしまっていた、デルタの入庫です。
(S氏、ご依頼ありがとうございます)

今日もお見えいただいたのですが、確定申告なる「避けて通れない道」を進まねばならず、着手が遅くなっており、申し訳ございません。

ようやく先程、提出を完了し、腰をすえて取りかかれる状態になる事ができました。

少しずつご報告して行きますので、お時間の猶予とご理解をお願い致しますm(_ _)m

さて、これは昨日の画像です。

Img_3635タコメーターの表示不良との事で、先に取り外して計器専門の所に送りました。

Img_3636_2
木曜以降から本格着手します。


2012年2月27日 (月)

ジュリア セルモーター(マグネットスイッチ)

アルファロメオ ジュリアのセルモーターO/H続編です。

マグネットスイッチは新品が有ったので交換しましたが、

元々着いていたスイッチも分解する事にしました。

Img_3630ハンダを2箇所外して、ボルトを外すと分解できます。

Img_3631
構造は簡単で、接点と

Img_3632通電用の接点が焼損しているのが分ると思います。

これを磨いて

Img_3633
接点自体が取り外せない(ケースが古いので無理に抜くと壊れてしまう為)ので、届く範囲でヤスリで修正して、なるべく平にします。

Img_3634
こちらも荒れた面を修正して(削りすぎ注意)終了。

ボルトを戻してハンダ付けをすれば完成です。

終了後、作動確認をしてOKとなりました。
(予備でお持ち下さい)








2012年2月25日 (土)

ジュリア セルモーター

ジュリアのセルモーターO/Hのご依頼です。
(S氏、ありがとうございます)

純正部品が生産中止のようでしたが、神奈川の業者さんが持っているとの事で、部品を取り寄せてオーバーホールを開始しました。

一番悩んだのがブラシです。

Img_3624
これが、元々のブラシ

Img_3625
真ん中の穴の形状をご確認下さい。

Img_3626
取り寄せたブラシとの比較です。

てっきり、リード線付きの状態で納品されると思っていたのですが、リード線は別部品で生産中止との連絡が有り、これを使うしかありません。

磨り減っているのはさておき、穴の形状が違い、リード線を入れることが出来ませんでしたので、試行錯誤の結果・・・

Img_3623
ドリルで削り、穴を拡大、調整して組み付けました。

リード線は、構造上カットせざるを得なかったのですが、これも何とかクリア出来ました。

作業中の画像は、手がカーボンで真っ黒だったので有りません・・・

Img_3627折れていたスプリングも交換

Img_3628
完成です。

これで気持ちよく回ってくれるでしょう。

お待たせしました。











アルファロメオ 156 

アルファロメオ 156 V6(A/T)の車検ご依頼を頂きました。
(W氏、ご依頼ありがとうございます)

初めてご依頼を頂いた車両なので、まずはテスターを使用し、チェックをします。
(初回の点検料は無料です)

色々と出て来ました・・・

Img_3611初の「真っ赤」でした。

エラー内容は、以下の通りです。

Img_3612

Img_3613

Img_3614

Img_3616

Img_3617リセットできる部分と出来ない部分(修理、交換が必要)が出てきます。

今回は予算の関係もあり、後日少しずつ相談して作業を進めて行きます。

Img_3621
エアフィルターは、こんな具合です。

Img_3622

これだけでも調子良く感じられるのではないでしょうか。

折角なので、エラーのあったエアフローを外してみます。

お客さんと雑談中に、

エアフロークリーナーなるものを使っている、と話になりました。

丁度車に積んでいたお客さんからモノを見せて頂きましたが、スプレー式のクリーナーの様です。

ただ、156等の場合は、センサー自体は下方を向いており、取り外さなければクリーニングする事は不可能です。

ちなみに、

Img_3620_2
これが下を向いているわけです。

上からスプレーしても逆効果になるのでご注意を・・・

















2012年2月14日 (火)

エンジンが吹けない

山形より、ランチアデルタ16Vが入庫しました。
(K氏、ご依頼ありがとうございます)

症状としては、

1、満タンに近いと症状が出難い気がする。

2、逆に、半分以下になると頻発する。

3、高速の合流や追い越し加速などでアクセルを踏むと、回転が上がらない。

4、の割には、時々改善する。

と、上記の様な症状らしい。

各部を点検し、フューエルポンプをはずしてみた。

Img_3604ポンプに装着されている「ストレーナー」にゴミがびっしり・・・

Img_3605目の細かなフィルターなので、これでは燃料が来ない。

Img_3606ケースの中にもゴミがあった。

これでは、加速状態でアクセルを踏んでもポンプが空回りしてしまい、燃料が追いつかないわけだ・・・・

震災以降、燃料系統のトラブルは多い気がする。

気になる方は、ある程度定期的に点検をするべきと思います。

清掃できる車種は、点検と清掃をお勧めします。







自営業者 冬休みの宿題

更新をサボっています・・・

毎年恒例の、冬休み(休みではないですけど)の宿題を進めています。

確定申告、ですね。

事務処理は、相変わらず好きでは有りませんが

一生懸命やっています。

2012年2月 6日 (月)

明日

明日、損害保険の研修の為、休業致します。

奇数火曜で、定休ですが念の為にご報告いたします。

宜しくお願い致します。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »