イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 年末年始休業のご案内(改訂版) | トップページ | 一年を振り返り »

2011年12月27日 (火)

156 フューエルポンプ ガソリン漏れ

先日入庫の、アルファロメオ 156 V6続編です。

フューエルポンプには種類がある様で、車体番号では識別できず、ポンプの現品番号が必要になります。

ポンプの番号で、パーツを発注し、入荷を待って交換作業に入りました。

残念な事に、このポンプに適合する「リングナット」が生産中止との事で、何とか修繕し、交換を終えて、上の蓋(?)を取り付けてみました。

・・・・?

どうしても「浮いて」しまいます。

何度かポンプの位置をずらしたりしましたが、どうにも浮いてしまいます。

配線の引き込み部分のグロメットを外して、ライトで照らして確認すると・・・・

どうやら干渉しているようです。

もう一度カバーを外して、裏側を確認すると

Img_3513
この部分

Img_3514
白○のところに干渉痕があります。

ここに当る部分は・・・

Img_3516ポンプの配線の抜け止め

Img_3515これっぽい・・・

削って加工しようとも思いましたが、動く所ではないので外して組んでみたところ、なんら干渉せず、カバーはしっかり収まりました。

逆に考えると、この部分が干渉する為に、数万kmでガソリン漏れを発症するのかもしれません。

オーナーに伝え、暫く経過を観察してみます。








« 年末年始休業のご案内(改訂版) | トップページ | 一年を振り返り »

アルファロメオ」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

お世話様です。
いや~痒い所に手が届く整備!
本当にありがとうございますm(_ _)m
確かに干渉によって長年押され→クラックというパターンかも。

コメントありがとうございます。

原因を究明して再発させないのも整備かと。
現品比較では、あまり高さは変わらないようですが、長時間にわたり変形していくかと推測します。
予防整備的にも、この部分が壊れていない方は見ておいたほうがいいかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/53582574

この記事へのトラックバック一覧です: 156 フューエルポンプ ガソリン漏れ:

« 年末年始休業のご案内(改訂版) | トップページ | 一年を振り返り »