イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

イタ車屋なのに メルセデス?

20年近く前のモノです。

Img_3422メルセデス ベンツ 500SL(ミニ) W107・・・かな?

このクルマ・・・・

Img_3421なんとエンジンカーです。
(ホンダの汎用機械用ですね)

さらに・・・・

Img_3419
3ペダル

Img_3418マニュアルミッション 前進2速+リバースも有ります(笑)

Img_3420シャレの効いたリア周り(500SL miniのエンブレム)

Img_3416放置していたのでエンジンが掛かりませんでしたが、現在は始動、走行とも確認してOKです。(公道は走れません)

Img_3417
このクルマ・・・

欲しい方、いらっしゃいます?


















2011年10月27日 (木)

忘年会のお知らせ

今年は震災の影響もあり、早く時間が経過しているような気がします。

・・・という訳で、

早くも忘年会のご案内です。

11月26日(土曜日)

国分町 小料理 京町さんにて開催します。

定員になり次第、締め切りとなりますので、お早めにお申し込み下さい。

宜しくお願い致します。

リアデフオイル漏れ

デルタ EVL2(黄色) ジアッラの入庫です。
(W氏、ご依頼ありがとうございます)

リアデフのセンターシールよりオイル漏れが有り、車検整備と同時に作業を、との事でご依頼頂きました。

この部分からオイル漏れを起こすと、構造上、その前部に入っているベアリングにオイルが回り、ベアリングの寿命を早めてしまいます。

また、このベアリングは品薄な為、入手が困難な事と、プロペラシャフトのジョイントスパイダーの分解が必要になりますが、EVOL2の場合はスパイダーがカシメられている為、基本的に非分解式となり(交換前提だが、欠品)、ベアリング自体が逝くと致命傷になってしまうので早めに対処する事が肝心です。

まず、燃料タンクを降ろし、プロペラシャフトのサポートなどを取り外して、リアデフから分離します。

Img_3415リアデフ後部より

ロックナットを外して、シールを交換します。

ただし、個体によってはロックナットが噛み込んでしまい、ねじ山の修正が必要な場合が時々あります。

Img_3413ダイスが回せないので、ホイールを回しました(笑)

Img_3414ねじ山は修正しておかないといけませんからね。

あとは復旧して終了です。







休業予定

10/29(土曜日) 

関東方面出張の為、休業致します。

これに併せて、明日午後より休業予定です。

11/5(土曜日)

福島方面出張の為、休業予定です。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

2011年10月25日 (火)

シフトロッド交換

ランチア デルタ EVOL2の入庫です。
(I氏、ご依頼ありがとうございます)

依頼内容が多いので、少しずつアップします。

デルタのシフトタッチが悪い原因は、シフトロッドのブッシュです。

これを、V5の純正品に交換します。

Img_3399比較画像
上の白い方がV5、下はノーマルです。

この部分は、ミッションに直接繋がっています。ノーマルの場合、ご覧の通り「ゴムブッシュ」が圧入されており、クイックシフト等に交換しても、「ストローク」は変化しますが「タッチ」自体は変わりません。

グニュっとした感じは、ここから来るのです。

Img_3405ただし、この部分を交換するのは結構大掛かり(?)
(室内の分解風景)

Img_3406エンジンルーム側の分解風景です。

Img_3404シフトロッドは、センターコンソール奥の穴を通って、ミッションと結合されていますので、室内の分解だけでは無く、エンジンルーム側からも結合部分を取り外さなければなりません。

Img_3396シフトリンク全貌です。下側のロッドを交換します。

Img_3397純正品番です。

また、コレとは別に「シフトがカタカタする」事があります。

Img_3400画像は、シフトレバーの下部を分解した所

Img_3401_2このワッシャが割れていると、カタカタします。

このワッシャが割れている場合、ワッシャ及びカラーを交換すれば直ると思います。組み付け時にはシリコングリスを使用しています。

Img_3402_2組み付け終了

あとは復旧して作業完了です。

















2011年10月22日 (土)

フューエルポンプ

最近の車は、フューエルフィルター(燃料フィルター)が、

「別付け」

では無く、フューエルポンプに内蔵され、一体式になっている事が多く、事実上、フィルターのみの交換は出来ない事になるケースが多い。

先日のFIAT500の件に続いて、

アルファロメオ 145 T/Sが入庫した。
(S氏、ご依頼ありがとうございました)

Img_3390

走行距離は、16万km

その間、一度もフューエルポンプの交換歴が無いので、走行距離やその他も含めて考えると、交換時期と判断し、エンジンは掛かるものの、予防整備のための作業である。

単純な交換作業なので「サクサク」進める。

145のフューエルタンクは、トランクルームの下にあり、アクセスする為には、荷室内のモノを全て出さなければならないので、その作業はオーナーにお願いした。

(ご依頼の際は、荷物を降ろしてきてくれると助かります)

交換を終え、後学の為にポンプを分解した。

Img_3391基本、非分解式です。

Img_3392_2フィルター部分、ドロドロです・・・

Img_3393
アップでもう1枚・・・

外付けなら、簡単に交換できるのですが、一体式の場合はAssyでの交換が基本になります。

ポンプは、突然トラブル事が多いので、走行距離などで管理し、定期的に交換することが望ましいかもしれません。

2011年10月17日 (月)

芋煮会 ご報告

10/16(日曜日)

二口温泉 磐司山荘にて芋煮会を開催しました。
(ご参加頂きました皆様、お疲れ様でした)

朝方、強い雨と風で、出発前はどうなる事かと思いましたが、無事に天候も回復し、若干風は強かったものの「秋晴れ」に恵まれ、無事に開催する事ができました。

Img_3354ご参加頂きました皆様、お付き合いありがとうございました。

次は忘年会でしょうか?(笑)

また企画いたしますので、宜しくお願いします。

当日の画像をCDでお渡しする事も可能です。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いします。

2011年10月15日 (土)

芋煮会 最終案内

明日、16日は芋煮会の為、休業致します。
宜しくお願い致します。

さて、

いよいよ明日、芋煮会です。

参加予約を頂いた皆様、宜しくお願い致します。

お申し込みを頂いております人数は、大人19人、小学生以上2人、子供3人となりました。

会費につきまして、若干の(数百円)負担増が有ります事を、ご了承下さい。(事情に関しては、明日ご説明いたします)

持ち物としては、

イス、レジャーシート、テーブル等、有れば便利!という物をお持ちの方は準備をお願いします。

また、マキで火を起こすので作業用の軍手等をご準備下さい。

箸や、カップ等も有ればご準備下さい。

大凡、10時ごろからスタート予定で、到着した方から準備を始める予定です。

食材の運び込み、火起こし等、やる事は沢山有りますので覚悟してご参加下さい。

飲酒予定の方は、足の確保を必ずお願いします。

不明な点はお電話下さい。

では、明日、宜しくお願いします。

2011年10月11日 (火)

頑張らないとね

P9020763

2011年10月10日 (月)

ディマースイッチ&ガソリン漏れ

ランチア デルタ EVOL2の入庫です。
(U氏、ご依頼ありがとうございます)

先ず、時々ヘッドライトが点灯しないとの症状

ステアリングとコラムカバーを取り外し、ディマースイッチAssyを取り外して分解します。

基本的にライトスイッチ部分は、銅パイプでカシメられており「非分解」ですが、それを抜き取り、ボルト&ナットで固定する事ができます。

Img_3325

分解してみると

Img_3322中に虫がいました・・・

これは置いておいて(取り除きましたよ)

Img_3323スイッチの接点部分を点検します。

Img_3324指先の部分のカシメが甘くなっており、再度カシメ直しました。
(接点部分にも焼損が有ったので、磨いてあります)

Img_3328スイッチの付け根の部分に「割れ」がありました。

丁寧な操作を心掛けて下さい。

組み立て、取り付け、確認をして終了です。

次はガソリン漏れです。

Img_3330室内を分解してからタンクを下ろします。

Img_3331_2漏れの痕跡

Img_3332_2原因はやはり、ナットの割れでした。

Img_3333_23箇所の樹脂ナットを対策品に交換して終了です。











16日 芋煮会の件

今月16日に予定しております「芋煮会」の件、

多数のお申し込み、ありがとうございます。

当日は、10時頃より開始予定です。

会費は、

大人2300円/1人  

子供(小学生以上)1500円/1人 

会場と交渉しましたが、芋煮セットを人数分、と言う事なので、

芋煮が余ってしまう可能性があります。

なるべく持ち帰る事が可能な容器をご持参下さい。

バーベキューや飲み物に関しましては、各自持ち込みをお願いします。
(これも持ち帰る準備を各自お願いします)

2011年10月 7日 (金)

ポーレンフィルター

車検のご依頼を頂きました、アルファロメオGTV
(I氏、ありがとうございます)

車検整備と同時に、ポーレンフィルター(エアコンフィルター)の交換のご依頼を頂きましたので、早速分解します。

Img_3319
フロントウィンドゥ下部のパネルを外し・・・

Img_3320
・・・・?

Img_3321
フィルターのケースが存在しませんでした・・・・
(中に見えるのは、ブロワーモーターです)

清掃し、復旧しました。


腐食

先日、ワイパーモーターの記事を書いた、デルタの続報です。

Img_3307
リアショック、スプリングの受け皿部分

Img_3308
腐食が激しく、もうじきスプリングごと抜けてしまう一歩手前ですね。

このままでは、もちろん車検は合格しません。

反対側は・・・・

Img_3310オイル漏れが激しく、スカスカです。

こちらも交換です。

Img_3309
大事に乗られているだけに、キチンと直してあげたいです。



2011年10月 1日 (土)

FIAT 500 1.2POP

フィアット500 1.2POPです。

急にエンジンが掛からない、との事で修理依頼です。
(I氏、ありがとうございます)

走行距離も少なく、

「大きなトラブルではないだろう」

と高をくくってしまったのが失敗でした。

公共の駐車場に数時間駐車して、帰ってきたら始動しない、との内容を受け、「イモビライザーの誤作動(正常作動)」と思い、テスター持参で現地へ。

OBDからアクセスし、操作点検するも

「異常なし」

何度やっても同じで、「異常なし」

夜で暗かったので、現地修理を諦めて、工場へ回送し、翌日再度点検した。

テスターを接続すると、アクティブコントロールが可能になるので、パソコン操作で色々と動かす事ができる。

例えば、スパークプラグやインジェクター等を各気筒毎に動かしてみて、作動状況が正常であるか等、簡単に確認できるのです。

作業を進めていくと、どうもフューエルポンプが作動していない事にたどり着いた。

早速タンクを下ろしてみる。

Img_3305ポンプを押さえている(固定している)リングナットの在庫が無いようだったので、破壊せずに作業を進めた。

Img_3306ポンプを取り外した所

ポンプ自体に直接電源供給しても作動しないので、ポンプと確定。

ポンプを交換し、作業は完了した。

ただ、気が付いたのは、作業の性質上、ガソリンを一旦タンクから抜き出し(こぼれるのを防ぐ為)、作業完了後に再度タンクに戻すのだが、抜いたガソリンを確認すると、

錆?砂?の様な細かなゴミがかなり確認できた。

あくまで推測だが、

震災の関係で、ガソリンスタンドの地下タンクも揺さぶられており、それによって地下タンク内部の錆やその他のゴミがタンク内部に入り込み、給油の際に紛れ込んでくる率が高くなっているのかもしれない、と思った次第。

オーナーの了解を得て、外したポンプのモーターを分解してみたいと思う。




ワイパーモーター

ランチア デルタ EVOL2の車検整備でご入庫いただきました。
(Yさん、ご依頼ありがとうございます)

車検整備と関連して、

ワイパーが、間欠できず+オートストップ(下がった状態で停止)せず+Low動かず・・・

要は、Hiのみしか作動しない状態でした。

モーター本体は稼動するので、まずは取り外し

Img_3295デルタのワイパーモーターは、意外に取り外し難く、パワステのリザーバータンクや、バキュームタンク等を取り外してからでないとアクセスできない。

同様にヒーターコックも然りである。

モーターを取り外し・・・

Img_3296基盤をチェックすると、悪い部分が見つかった。

Img_3297一部交換し、作業完了♪

このデルタは「まだまだ」有ります・・・







« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »