イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« ありがとうございます。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

2010年12月24日 (金)

プロペラシャフト

最近、時々修理の依頼を頂くなかに「プロペラシャフト」があります。

症状の状況は、クルマによってマチマチなのですが、

1、車速と合わせて、異音が大きくなる
(ハブベアリングと勘違いしやすい)

2、極稀に(時々)音が消えたりする
(音が小さくなったりする、ただし、症状が酷いものは除く)

3、どんどん音が大きくなる
(症状の悪化)

上記の何れかに当てはまれば、可能性は高い。

最終的な判断方法としては、

デルタの場合、プロペラシャフトは3分割構造になっている。

まず、フロントのセンターデフからの出力し、リア側に向かって

1、センターベアリング後部のジョイントスパイダーまで

2、燃料タンク前部のジョイントスパイダーまで

3、それ以降の燃料タンク上部に隠れる部分のシャフト

以上の3つで構成されている。

今回ご依頼いただいたのは、山形のK氏の16V
(ご依頼ありがとうございます)

よくダメになるのが、燃料タンク上部に隠れる部分のシャフトの前側に入っているベアリングである。

良否判定は、燃料タンク前部のスパイダー部分を上下左右に動かしてみて、動いてしまえば(ガタがあれば)NG。

分解する為には、燃料タンクの脱着、プロペラシャフトの脱着、2の部分のジョイントスパイダーの分解が必要になる。

また、ジョイントスパイダー及びベアリングは品薄なので、分解前に部品の準備が必要不可欠で、準備しないまま分解(破壊を含む)してしまうと、完全に動かす事のできないクルマになってしまうので注意が必要です。

必要な部品は、スパイダー、ベアリング、ロックナットの3点。

上記を揃えた上で分解を開始した。

Img_2011 途中の分解画像は有りません。

Img_2012 ベアリングがダメになっているのが分ると思います。

Img_2014 中のボールがバラバラでした。

国産の適合品を探しましたが、サイズが特殊な為に無し。

純正品を使用して、

Img_2013 画像のように交換は終了。

あとは、スパイダーも交換して、復元すれば完了です。

ただし・・・・

16V、EVOL1までは、スナップリングで留められているので、分解する事は可能だが

EVOL2のみ、

Img_2017 画像のようにスパイダー部分はカシメられて固定されており、基本的に分解して修理する事は出来ない構造になっている。(本当にうまく外れれば可能かもしれない)

また、EVO2のスパイダーは部品の供給が無いようで、万が一破壊してしまうと再生不能に陥るケースがあるので注意が必要だが、最悪、16VやEVOL1からシャフトを移植する事は可能である。

« ありがとうございます。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/50384292

この記事へのトラックバック一覧です: プロペラシャフト:

« ありがとうございます。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »