イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 今日は出勤してました。 | トップページ | ウィンカー »

2010年11月19日 (金)

147 T/S シフト不調

少し前の内容になります。
(書いていませんでしたcoldsweats01

車検整備とともに、「シフトの不調修理」のご依頼を頂きました。

内容は、以下の通りです。

147ツインスパーク、マニュアルミッション

1,3,5速といった、いわゆる、「上」にシフトするのは問題なく、

2,4、R(リバース)、いわゆる、「下」にシフトするとタッチが悪い。

タッチが悪いというのは、シフトレバーに剛性感が無く、言葉や文章で表現するのは難しいのですが、「グニュ」っというか、ギアが入るの為のストロークが届かないというか、ギアが入りきらない状況なのです。

そんな状況ですから、バックに入れようとするとギアが入らずに空回りしてしまう「ギア鳴り」を起こしてしまい、非常に宜しくない状況でした。

分解して点検するにも、155以降のFFアルファは、シフトレバーがフロアの下から装着されているので、先ずマフラーのフロントパイプを取り外し、それから遮熱板、シフトが取り付けられているプレート(サイドブレーキレバーまで装着されているもの)を一体で取り外す必要があります。

どうして、こんな構造なのかといえば「組立工程の簡素化」でしょう。

ここで大変なのが、マフラー部分の取り外しです。

雪の降らない地域の方には、ピンと来ないかもしれませんが、冬に雪が降ると「融雪剤」なる「クルマにとっては大敵」の物質が路上にばら撒かれます。

「塩」(と表現させて頂きます)です。

元々、熱を持ち、比較的錆易いマフラーに対して「塩」は、錆を増幅させてしまいますし、錆びていないマフラーを取り外す事と、ボルトなどが完全に錆びているモノを外すのでは、作業時間が大幅に異なります。

折ってしまって交換できるタイプは問題ないのですが、スタッド(埋め込み)ボルトの場合、場合によっては部品の供給が無い場合があります。

話がそれましたが・・・

たかがボルト1本と格闘する事2時間越え・・・

ようやく取り外して確認をすると・・・

Img_1455 (新品との比較です)

レバーに触った感じが全然違います。
(遊びが少ない感じ)

Img_1457 ただし、目視では分りませんでした。

中心のボール部分に遊びが多い程度です。

ミッション側を、手で動かしてみると、ストローク自体には極端な異常は感じられませんでしたので、シフトAssyとケーブルを交換しました。

交換後の確認では「非常に良好」で、その他の整備を行い、納車させて頂きました。

納車後の記事は、オーナーのブログでも紹介されています。

« 今日は出勤してました。 | トップページ | ウィンカー »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

神奈川在住のTEDです。

日記、読ませていただきました。
私は最近2002年製の147の2L右ハンドルMTを購入しましたが、似たような症状になりました。

2に入れるときに、入った川からに酔うな感触で、4、Rも1,3,5と比べてスムーズでなく遊びが多く、たまにギアが入りません。


シフトASSYYを交換した場合の費用を近場(神奈川)の整備工場にメールで問い合わせましたら9万円と回答が来ました。

やはり交換費用は高いのでしょうか?

ちなみに車高調が低いので高さを上げたり(低すぎて異音がするので)、アライメント調整、ブレーキパッド交換、タイヤ交換などもする予定です。

出費が多いと覚悟はしてたのですが・・・。

お時間のあるときにコメントいただければ幸いです。

宜しくお願い致します。

コメントありがとうございます。

費用の件になると、正直何ともいえません。

記事の内容にもあるとおり、スムーズに外れる場合と、そうでない場合があります。
また、作業する場所にもより、工賃のレバレートが違うので一概に言い難い部分ではあります。

車の状態によると思われますが、メールでの問い合わせであれば、車両の状態は把握していないと思われ、部品代が(作業当時)2万円程度だった事を考えれば、工賃7万は正直高いかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/50070738

この記事へのトラックバック一覧です: 147 T/S シフト不調:

« 今日は出勤してました。 | トップページ | ウィンカー »