イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

147

岩手ナンバーの147にご入庫頂きました。
(T氏、ご依頼ありがとうございます)

エンジンマウントの交換

Img_1381 完了しました。

リア側のマウント交換は、フロントパイプを外して作業するのですが、思ったよりも錆が酷いので(ボルトの折れやパーツの追加を懸念して)取り外さずに作業しました。

比較画像

Img_1380 エンジンマウントは荷重が掛かりっ放しです。

画像のようにマウントが潰れてしまうわけですね。

ショックの交換も終わりました。

リアの下部の貫通ボルトは、よく錆びるのですが、
思った以上に取り外しに難儀しました。

錆を落とし、洗浄して、塗装を丁寧にしておきます。

ありがとうございます~

本当にたくさんの差し入れを頂き、感謝、感謝です。

Img_1379 デルタにお乗りの、石巻のS氏より、
いつもありがとうございます、おいしく頂いてます。
(もちろんおすそ分けもしてますよ)

Img_1382 こちらは156のK氏より
(カナダのお土産って聞いて、びっくりしましたcoldsweats01

Img_1383 これと

Img_1384 こちらは147の左党さんより
(日本酒は家でいただきますhappy02

Img_1388 こちらはデルタにお乗りのS氏より

本当にありがとうございます~

2010年9月14日 (火)

9/19午後より

9月19日午後より、出張の為、休業致します。

22日(水曜)までの予定です。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願いいたします。

ドライブシャフト 異音

アルファロメオ147が入庫しました。
(左党氏、ありがとうございます)

症状は、ステアリングをフルに(近い状態)切って移動する際に異音がするとの事です。ご来店頂き、音を確認させて頂くと「ドライブシャフト」からの異音のようです。

シャフトのO/Hを前提にパーツを手配し、再入庫して頂きました。

Img_1342 取り外した所(もちろん左右共)

Img_1344 分解した画像(上が未分解、左側、下は分解後、右側)

動き等を確認しながら分解していきましたが・・・

どうも内側の動きが「ゴリゴリ」した感じです。

Img_1345 ベアリング拡大(外側)

Img_1346 同じく(内側)

当りの強い部分が確認されました。
(一部がcamera有りません、作業中は手がグリスだらけで)

Img_1347 ボールの比較です。

Img_1348

もう一枚。

大小はさておき、色(表面処理)の違いが分るでしょうか?

大きい方(右側)が内側なのですが、表面が変色しています。

異音解消ペースト(ワコーズ製)で組み上げましたので、当分音は出ないと思いますが、再度異音が確認される場合はジョイント部分の交換をオススメします。

エンジン始動不能、2

ランチア デルタ EVOL1が入庫しました。
(福島のA氏、ご依頼ありがとうございます)

前述のエンジン始動不能とは別の車両です。

暫く動かしていない状況で、再始動を試みましたが始動せず、電話にてリレー等をチェックして頂きましたがダメのようでしたので、車載車にてご入庫頂きました。

まず、点火しないようなのでチェックを進めました。

すると、

Img_1336 デスビのピックアップが抵抗値を示しません。
Img_1337 デスビ内部にもオイルが侵入していた為、O/Hして、オイルシール、Oリング、ピックアップ等を交換してクランキングし、天下が正常になった事を確認しました。

次に、

それでも始動しない為、フューエルポンプをチェック

すると、電源の供給はあるのにポンプが動いていません。

ポンプを外し、ポンプ本体に直接電源を供給してもNGなのでポンプ本体と判断し交換作業を進めました。

同時に、ガソリンが変質していた為、タンク内のガソリンを抜き取り、廃棄し、出来る限り清掃して新しいガソリンを入れて、始動、確認した所、OK!

ポンプ本体を分解した画像が

Img_1350 ブラシの当る部分の色が(画像的に)左右で違います。

Img_1351 ポンプのブラシの部分

ポンプ=モーターですから、長期間動かさない状態だと(上の画像のブラシの当る部分)、ブラシが当っていた所とそうでない所があります。当っていた部分に変色は無く、モーター自体は回ろうとするのですが、錆(画像は緑青)の為に通電せず、回れない状況になります。

ポンプ本体、ホース、ガスケット等を交換し、エンジンは無事に始動しました。

ただし、タンク内部の汚れが酷く、タンクの構造上、手を入れて清掃するにも限度が有る為、暫く走行(ガソリンを消費)したら、フューエルフィルターを交換した方が良いと思われます。

その他の内容と、注意事項をお伝えして納車させて頂きました。

Img_1341 ありがとうございました~

いつもすみません・・・

暫く更新せずにすみません。

相変わらず、たくさんの差し入れを頂いております。

まとめて紹介させて頂きます。

Img_1319 中国からのお土産です。

Img_1320

こちらは地元(笑)ドデカシュークリームcoldsweats02Img_1322

美味しく頂きました~(I氏、ありがとうございました)

Img_1324 ・・・・?牛タン?

Img_1323 牛タンラー油、空港まで買いに行ってくれた様ですweep

石巻M氏、ありがとうございました。

Img_1329 こちらは、いつものI氏より

Img_1330 こちらはデルタのO氏より

Img_1331 韓国のお土産はデルタのY氏より

Img_1339 これはレアな所の・・coldsweats02

Img_1340 こちらは156のH氏より頂きました。

皆様、いつも気にかけていただき、ありがとうございます。

2010年9月10日 (金)

エンジン始動不能

別件でご入庫いただく予定でしたが、ご予約を頂いた日にエンジンが掛からず、急遽、レッカーでのご入庫となりました。(S氏よりご依頼を頂きました、ありがとうございます)

移動前に、お電話にて確認をしながら、何とかエンジンが掛からないかと「リレー」や「ヒューズ」などをチェックして頂きましたが、やはりダメ・・・

レッカーの到着を待ち、直ぐに作業に入ります。

まずは確認作業から始めましたが、どうやらポンプが動いていない様子・・・

取り外しからポンプ不良の確認までは、S氏立会いでしたので省略しますが、その後の点検内容をご報告いたします。

Img_1325 ポンプケースを割りました。

Img_1326 ポンプホルダー(ゴム製)がヒビヒビです。

Img_1327 ケースの内部にも、ごみ(ゴム?)が混入しています。

Img_1332 確認の為、ポンプを分解(カシメなので非分解式です)

Img_1334 ブラシの当り面に段付きが見られます。

Img_1335 取り付け部分のガスケット

それ以降の作業は、

上記のポンプ、及びガスケット、ホース類を交換して終了。

無事にエンジンは始動しました。

この案件で考えられる原因としては、

1ヶ月程度エンジンをかけていない事に加え、ガソリンの残量が1/3程度、それに近年稀に見る暑さも重なり、タンク内部で気化したガソリンがポンプ本体及びゴムを攻撃してしまったのかと想像しています。

時々はエンジンを掛けてあげてください。

2010年9月 2日 (木)

ブーツ類

車検のご依頼を頂きました、ランチア デルタ コレッツィオーネ
(E氏、ご依頼ありがとうございます)

既に外した部品は、E氏にご確認は頂きましたが、作業中、及び、どの部分であるかの画像をアップしますのでご確認下さい。

Img_1317 右フロントドライブシャフトを外した所
(円の中は、飛び散ったグリスです)

Img_1318 奥を拡大すると、ステアリングラックブーツが切れています。
(これも交換です)

Img_1312 こちらはフロント左(同じく取り外し後)

Img_1313 ドライブシャフトブーツはご覧の通り・・・

車検は無事に完了しています。

残りの作業ももうすぐですので少しお待ち下さい。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »