イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 6月13日 | トップページ | なかよし♪ »

2010年5月30日 (日)

プント セレクタ

‘97のフィアット プントにご入庫頂きました。
(S氏、ありがとうございます)

Img_0562

最初にお電話を頂きまして、内容を聞くと、

「急にミッションが入らない」との事。

セレクタは、ミッション本体のトラブルが比較的多い車なので、本体か?と疑いましたが、話を聞いていくと、本体でも無さそうな感じです。

何れにせよ、車両を点検し、確認しないと結論は出せません。

車両搬入後、確認作業に入ります。

Img_0564 若干、暗い画像ですが、ミッション側のシフトケーブル取り付け部分です。ここを一旦取り外して、手でシフトしてみるとクルマは正常に動きました。前進、後進とも可能な事を確認し、「ミッション本体は大丈夫」という判断になりました。

という事は、シフトケーブルの動きが悪い筈なので、不良箇所の判断に入ります。

Img_0565

シフトレバー付近のカバーなどを外していきます。

室内側の分解はすぐに終わりましたが、肝心な部分は確認できません。

次は、クルマの下側からのアプローチです。

マフラーを取り外し、その上の遮熱板も外します。それからシフト本体が取り付けられているパネルを外して確認しました。

Img_0554 シフトケーブルが曲がっています、ガイドチューブが折れて(外れて)しまった為に、ワイヤーが真っ直ぐに動けず、曲がったものと思われます。

多分、原因は・・・・

Img_0567 想像ですが、タバコの吸殻?が原因かと・・・

Img_0566 プントの灰皿は、カバーに灰皿が取り付けられており、カバーを閉じると本体も回転する仕組みになっています。灰皿の掃除を怠り、多めに吸殻が入ると、コンソールの内部に、どんどん溜まる不思議な仕組み・・・

シフトレバーのカバーを外したとき、レバーの下側には異様なほどに吸殻が入っていましたので、シフトレバーを動かした際に吸殻が噛んでしまい、前述のガイドケーブルに悪さをしたのかな?と勝手に解釈しています。

単純にケーブル自体は寿命かも知れませんが、吸殻が車内の見えない所に落ちてしまう注意喚起の内容と思ってくだされば幸いです。火がついたままだったりしたら・・・・

« 6月13日 | トップページ | なかよし♪ »

フィアット」カテゴリの記事

内容報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/48495257

この記事へのトラックバック一覧です: プント セレクタ:

« 6月13日 | トップページ | なかよし♪ »