イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

年末のご挨拶+オマケ

今年も残すところ、あと僅か。

皆様、如何お過ごしでしょうか?

年末ともなれば、慌しく過ごされているか、既にお休みに入っている方もいらっしゃる事と思いますが、体調管理を万全にし、良い年をお迎えください。

さて、

年末になると、店で話題になるのが、

「年々、お正月らしくなくなっていくような気がする」という話。

お年玉を、貰う側→あげる側に変化したのは大きい?

年明け早々から買い物に行けてしまう事が大きな要因?

なんて話をしながら、

「ところで、穴の開いていない50円玉、穴が開いている大きな50円、稲穂の100円、100円札、(要は旧紙幣、旧硬貨)」等の話になりまして。

使った記憶がある人ボーダーは何年生まれなんだろう?

と、昨日話題になりました。
(クルマ屋なのに、クルマの話じゃないのか?)

ちなみに・・・

37~8年生まれは「使用経験あり」(記憶あり)

42~44年生まれは「使用経験なし」(記憶なし)

500円玉なんて最近でしょ?って言ったのはここだけの話(笑)

旧5000円札を持って、コンビニで若い店員さんに出したら、警報機鳴らされるんじゃないか?とか、そんな話で盛り上がっていました。

そんなこんなで平和な1日でした。

ARPも年内営業は今日が最終日です。
(本日は早仕舞いの予定です)

今年もたくさんのお客様に支えて頂きました。

ありがとうございました。

来年も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

新年1月1日に「一部マニア」の間で恒例となっております、

初詣+ジャンクフードツアーを行います。(詳細は記載しません)

参加ご希望の方はご連絡ください。(笑)

2009年12月25日 (金)

タイミングベルト

今回初めてご入庫いただきました「デルタ エボ2」です。
(O氏、ご入庫ありがとうございました)

オーナーへの報告も兼ねての更新です、ご了承ください。

新規のご依頼というのは、何時でも緊張します。

デルタのタイミングベルトは、やはり気になるところ・・・

まずは、バッテリーやカバーを取り外して確認します。

Img_0286 前回交換した際のテンション及び、交換後の走行距離や使用状態にもよりますが、画像で確認できる伸びがあります。

画像中心部分のベルトのたわみです。

Img_0292 交換後、テンションを掛けた状態です。

テンショナーも新品に交換しました。

ベルトの状態の違いが分かると思います。

これとは別に、分解時に発見した不具合が・・・・

Img_0288 タイミングベルトカバー(ロワー)の不具合。

固定部分が3箇所あります。

左上、真ん中下(左よりの部分)、右上で取り付けます。

Img_0289 右上の部分の拡大。

ナットが埋め込まれているのですが、この部分が欠けています。

また、真ん中の取り付けボルトが脱落していました。

万が一、この部品が脱落すると、ベルトに噛み込んだりする可能性もあります。

この部品はすでに生産中止されていますが、幸いなことに程度の良い中古品が有ったので交換しました。

Img_0291 パーツの比較画像。

組みつけてしまえば見えなくなる部分なので掲載してみました。

これで落ちる事は有りません。

他は、オーナーのリクエストでテンショナーやベアリング関係をすべて交換して作業は終了しました。

2009年12月21日 (月)

23日、及び年末年始休業のご案内

皆様こんにちは。

年末の慌ただしい時期に入っていますが如何お過ごしでしょうか?

最近では珍しく、仙台市内も雪が降る日が多くなっており、気温も低い日が続いておりますが体調を崩さぬようご自愛下さい。

さて、年末年始の休業のご案内です。

今週水曜日、23日は天皇誕生日で祝日です。

通常、水曜定休を頂いておりますが、年末ということもあり、営業いたします

また、年末年始休業は、まことに勝手ではございますが、

12月29日より、新年1月6日まで、とさせていただきます。

休業期間中、お急ぎの場合は携帯電話にお電話下さい。

宜しくお願いいたします。

2009年12月14日 (月)

156V6

秋田からご入庫いただきました156です。
(K氏、ありがとうございます)

最初はオイル交換時に気がつきました。

・・・?・・アンダーカバーを留めるボルトが2本無い・・・

オーナーに報告し、次回までに手配しておくことにしました。

次に入庫していただいたときに取り付けようと奮闘しましたが・・・

どうやらラジエーターのロワーサポートが曲がっていたようです。

その旨も報告し、今回の入庫となりました。

ロワーサポートとサイドのサポートの交換?と思い、フロントバンパーを取り外して分解を進めていきました。

Img_0198 作業中の画像です。

アンダーカバーと左右のホイール、フロントのインナーフェンダーを取り外し、フェンダーとの接合部分の左右各3箇所のボルトとフロントグリルの下にあるボルトを4本外しました。

どこが曲がっているんだろう・・・と、よくよく点検してみると

Img_0202Img_0200ボルト止めだと思っていたサイドサポートは車体に溶接で留まっていました・・いや、留まっているはずでしたが、溶接部分が外れています。

道理でラジエーターがガタガタ動くわけです。

結局、エアコンのガスを回収し、コンデンサーを取り外し、ラジエーターも脱着して、それからようやくその部分にアプローチ出来ますから、そしてスポットで溶接・・・

当初思っていた内容とは異なり、手配しようとしていたパーツは使用しないものの、作業工程が増えてしまいました。

見積もりはナカナカ難しいです。

2009年12月13日 (日)

147の足回り

先日、初めてのお客様から修理のご依頼がありました。

車は、アルファ147

状況をお聞きすると・・・・

1、ある程度の速度での右コーナー時に挙動が不安定である。
(高速道路等で顕著に症状が現れる)

2、雪道での走行は怖いものがある。
(まっすぐ走れないほど)

要約すると上記のような内容だった。

(初めてのご依頼なので)まず、車両を確認させていただいた。

すると・・・

リアタイヤをフェンダー上部から見下ろすような感じで確認してみただけだが、明らかに右と左のタイヤの雰囲気(角度)が異なっている。

念の為、何度も確認して見たが

「何かが明らかにおかしい」のである。

お客様にも確認してもらったが、
そんなアングルで車を確認したことは無かったらしく、

言われてみれば「なんだこれは?」の状態だった。

車は左右完全対称では無く、若干の左右差はあるものの、目視で(パッと見で)分かるほどタイヤの向きが変なわけが無い。

「アライメントの調整のみで完了するとは思われますが、万が一、どこかのアームやボルトなどが曲がっている場合は交換が必要になりますのでご了承下さい」と説明をし、ご納得いただき、147をお預かりし、確認に入った。

すると、考えられない事態が待っていた。

詳細は、オーナーのブログをごらん頂きたい。

http://sato145clasic.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-8157.html

ボルトがカラーごと曲がっていたのだが、
どう考えても「下側に+内側に」曲がる理由が見つからない。

上に曲がっているのなら、下側からの衝撃や考えられるケースは多少あるのだが、

「下に曲がっている」

それも、通常その部分はタイヤ、ホイールで覆われていて、直接外部からの力が掛からないであろう部分のボルトが曲がる相当の理由が見つからない。

修理をする場合は、

原因を考え、再発を防止する策を考えるのだが、今回ばかりは分からなかった。

他の147(同一形状の156も含む)にも発生している事案なのだろうか・・・

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »