イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月25日 (火)

今日は試験の為

今日は損害保険代理店の試験がある為、休業します。

頑張ってきます。

明日は定休の為お休みです。

よろしくお願いします。

2009年8月20日 (木)

お盆休みも終わり

今年は長く頂きました、お盆休みも終わり、無事に仕事復帰しております。

デルタのエアコンネタの続報がお客様のブログにアップされていました。

デルタ エアコン続報

エアコンの効く!デルタで快適ドライブ~

上記、2つの記事です。

参考までにどうぞ♪

(コンデンサーをご注文いただいた皆様、しばしお待ち下さい)

2009年8月 6日 (木)

エアコンネタ レポート

先日コンデンサーの改造をしていただいたオーナーさんのブログにレポートがアップされていました。

詳細は→こちら

2009年8月 4日 (火)

エアコンが効く?

久しぶりの更新です。

日曜日のハイランドでのレースに応援に来てくださいました皆様、
ありがとうございました。(差し入れも助かりました、smile

さて、

ランチアデルタのエアコンは、「効かない」事で、ある意味有名・・

そこで、こんなものを作成しました。

Img_0001Img_0003 コンデンサーです。

右の画像の下側がノーマル。

上は交換済みの新造品。

Img_0005 ノーマルのコンデンサーを横から見たところ。

チューブ(パイプ)を2本並列に並ばせて冷却フィンを付けた形をしています。これでは効率(熱変換)が悪く、冷媒の液化を促進できずに気化したままの冷媒がエキスパンションバルブに流れて、冷却効率を下げてしまうというスパイラルに陥るわけです。

Img_0006 もともと、エアコンは冷媒の気化熱を利用して冷却しているシステムなのです。

コンプレッサーで気化した冷媒を圧縮し、圧力を上げ、コンデンサーで冷却して気化したガスを液化し、液化したガスをエバポレーター手前のエキスパンションバルブ(膨張弁)で一気に気化させ、気化熱で熱を奪い(冷却し)、再度コンプレッサーに戻るシステムです。

デルタの場合、コンデンサー本体の冷却効率が悪い為、液化せずに~と理解していただければ分かると思います。

このコンデンサーを高効率の物に作り変えました。

テストの結果、

ノーマルの場合は、通常、コンデンサーのIN側はコンプレッサー作動時は熱くて触れないほどになり、コンデンサー出口(レシーバータンク側)でもあまり変化が無いほど熱い状況なのが、触れるほどに変化しました。

分かりやすく言うと、

エアコンを入れると、ファンが高速側で回りっぱなしになる事が無く、低速側に切り替わって回るようになりました。

要は、高圧が劇的に低くなっている状況なのが分かります。

(これは勿論、アイドリングでのチェックの状況です。)

アイドリングでの噴出し口温度は10度以下

ただし、サーモ(凍結保護回路)が先に働いてしまい、コンプレッサーがカットになっていますので、サーモを調整式に変更し(ノーマルは調整式ですが、この車輌は固定式に変更してありました)、コンプレッサーのカット温度設定を下げれば、まだ下がると思われます。

本日、オーナーの元に引渡し、レポート待ち(笑)の状況です。

詳しいレポートが入りましたら、またアップします。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »