イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« チャージランプ | トップページ | 年末年始の休業 »

2008年12月19日 (金)

チャージランプ、2

チャージランプの記事の際、質問を頂いたので追記します。

Img_0001 デルタのノーマルオルタネーターです。

以下、オルタネーターはALTと記載します。

他の車両にも適合する内容です。

参考にして下さい。

ALTはエンジンの回転を利用して発電します。

発電量(充電量)はICレギュレーターで制御されており、何アンペア発電し続けるモノではなく、バッテリーの消費状況にあわせて発電します。

Img_0003 (デルタの場合)

ここがB端子(バッテリー端子)です。

常時電気が来ている部分です。

ここに電源が来ていないとダメです。

時々断線している事があります。

Img_0002 (同じくデルタの場合)

ここがL端子(ランプ回路)です。

エンジンが始動すると、ここから信号電源が出ます。

これが出ないとチャージランプは消灯しません。

まず大事な事は、

イグニッション(以下IG)をオンにした時に、チャージランプが点灯している事を確認し、その上でエンジンをスタートして消灯を確認します。

この場合は「正常」と判断します。

これがNGの場合、

①B端子にバッテリー電圧がキチンと来ているか確認します。
NGの場合、配線等をチェックし、電源が来るよう修理します。

②L端子(配線側)にイグニッションONで電圧が来ているかを確認。
NGの場合、断線やランプ球の不良が考えられます。これをチェックします。

ここに問題が無く、チャージランプが時々点灯する場合は、

先程のL端子の接触不良も考えられます。

デルタの場合、ALTは比較的、水等がかかりにくい場所には設置されていますが完全に掛からないわけではなく、比較的下方に付いている事とタイヤがそばに有りますので走行の際、水等が掛かる場合があります。これに加えて、電流が流れている部分は錆びが発生しやすいので時々接触不良を起こす場合もあります。

これとは別に、内部にブラシとよばれるパーツがあり、これが正常に磨耗する事によって発電状況が悪くなっている場合もあります。

チャージランプは、発電していない時にALTに電流を流す事によって点灯し、発電する事によって発生した電圧を利用して電圧差を打ち消し=消灯する、と考えれば楽かもしれません。

エンジン始動時に「薄暗く点灯する場合」は、

内部のレクチャファイアー(ダイオード)の損傷やステーターコイルの焼け等が考えられます。

前述の説明に照らし合わせれば、

発生電圧が低く、電圧差でランプを消せるほど発電していない事になります。

他の車両の場合は、B、Lの他に別の配線が有る場合が有りますのでご注意下さい。

« チャージランプ | トップページ | 年末年始の休業 »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

ん~。。。うちのもオルタですかあ。ダイオード?いつもではないので、今後の動きをに気をつけてみます。でも原因が判って少し安心しました。ありがとうございました。また相談させてください!

でるぞうさん、いらっしゃいませ。
ALTは突然死する場合も有りますので注意が必要ですね。
それまでのバッテリーの交換状況やクルマの使用状況にもよりますが、ALTは7~10万km前後で修理(若しくは交換)が必要になる場合が多いです。
参考にして下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/43463832

この記事へのトラックバック一覧です: チャージランプ、2:

« チャージランプ | トップページ | 年末年始の休業 »