イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

新春恒例♪

別にイベントと銘打つ程の内容ではないのですが・・・・(笑)

毎年恒例となりました、

「交通安全祈願!アルファロメオ神社初詣+ジャンクフードツアー」を元旦に行います。

明けて1月1日、朝8時にARP集合です。

(事前申し込みは必要ありませんが携帯に電話を頂ければ幸いです。)

渋滞や駐車場の関係もありますので、乗り合いで行く予定です。

ご都合の合う方、お暇な方は是非ご一緒しましょう。

宜しくお願い致します。

注意、アルファロメオ神社は実在のモノではありません。(笑)

2008年12月28日 (日)

今年もお世話になりました。

年末の慌しさの中、如何お過ごしでしょうか?

もう既にお休みに入っている方、まだお仕事の方といらっしゃると思います。

今日からARPもお休みに入りまして、自宅からの更新をしています。

皆様、今年も本当にお世話になりました。

オープンから11年、年が明ければ足掛け12年、独立からは15年になりました。

紆余曲折もありましたが皆様のご愛顧に支えられ、お蔭様で仕事を続けさせていただいております。

本当にありがとうございます。

新年も初心を忘れることなく、精進したいと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。

2008年12月22日 (月)

年末年始の休業

12月28日より1月5日までの間、年末年始休業とさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さい。

2008年12月19日 (金)

チャージランプ、2

チャージランプの記事の際、質問を頂いたので追記します。

Img_0001 デルタのノーマルオルタネーターです。

以下、オルタネーターはALTと記載します。

他の車両にも適合する内容です。

参考にして下さい。

ALTはエンジンの回転を利用して発電します。

発電量(充電量)はICレギュレーターで制御されており、何アンペア発電し続けるモノではなく、バッテリーの消費状況にあわせて発電します。

Img_0003 (デルタの場合)

ここがB端子(バッテリー端子)です。

常時電気が来ている部分です。

ここに電源が来ていないとダメです。

時々断線している事があります。

Img_0002 (同じくデルタの場合)

ここがL端子(ランプ回路)です。

エンジンが始動すると、ここから信号電源が出ます。

これが出ないとチャージランプは消灯しません。

まず大事な事は、

イグニッション(以下IG)をオンにした時に、チャージランプが点灯している事を確認し、その上でエンジンをスタートして消灯を確認します。

この場合は「正常」と判断します。

これがNGの場合、

①B端子にバッテリー電圧がキチンと来ているか確認します。
NGの場合、配線等をチェックし、電源が来るよう修理します。

②L端子(配線側)にイグニッションONで電圧が来ているかを確認。
NGの場合、断線やランプ球の不良が考えられます。これをチェックします。

ここに問題が無く、チャージランプが時々点灯する場合は、

先程のL端子の接触不良も考えられます。

デルタの場合、ALTは比較的、水等がかかりにくい場所には設置されていますが完全に掛からないわけではなく、比較的下方に付いている事とタイヤがそばに有りますので走行の際、水等が掛かる場合があります。これに加えて、電流が流れている部分は錆びが発生しやすいので時々接触不良を起こす場合もあります。

これとは別に、内部にブラシとよばれるパーツがあり、これが正常に磨耗する事によって発電状況が悪くなっている場合もあります。

チャージランプは、発電していない時にALTに電流を流す事によって点灯し、発電する事によって発生した電圧を利用して電圧差を打ち消し=消灯する、と考えれば楽かもしれません。

エンジン始動時に「薄暗く点灯する場合」は、

内部のレクチャファイアー(ダイオード)の損傷やステーターコイルの焼け等が考えられます。

前述の説明に照らし合わせれば、

発生電圧が低く、電圧差でランプを消せるほど発電していない事になります。

他の車両の場合は、B、Lの他に別の配線が有る場合が有りますのでご注意下さい。

2008年12月16日 (火)

チャージランプ

  この内容は現在入庫中のデルタの報告を兼ねています。

車検整備で入庫したのですが、チャージ不良を起こしていました。

Img_0005 デルタのメーターです。

見覚えの有る方は多いと思われます。

IGオフの状態です。

Img_0003Img_0006IGオンの状態が左画像。

始動しても右画像のように電圧不足。

明らかにNGですね。

Img_0004_3Img_0007 整備(修理)後の状態。

左がIGオン、右が始動後。

正常になりました。

バックランプも不灯だったのでスイッチを交換しました>Hくん。

リアデフシール

またプロペラシャフト関連かもしれません。
(先日の車両とは異なる車両です。)

リアデフのフロントからオイル漏れを起こしている車両です。

Img_0001_2Img_0002 リアデフとペラシャフトの接合部分。

オイル漏れの跡があります。

確認できますか?

Img_0008 交換部品はこれだけです。

オイルシール(取り外しの為に変形しています)

ロックナット(カシメるタイプなので再使用不可)

これを交換するのに、タンクとペラシャフトの脱着が必要です。

ここの漏れが酷くなるとデフオイルは300~500cc程度しか残らなくなってしまいます。

ご注意下さい。

2008年12月14日 (日)

続、プロペラシャフト

デルタのプロペラシャフトには2種類存在します。

ユニバーサルの部分が「分解可能なもの」と「非分解式」のモノです。

これは、外見から判断(識別)できます。

ユニバーサル部分がスナップリングで留まっているモノとカシメのモノです。

スナップリング式のプロペラシャフトは、分解して修理が可能ですが、カシメるタイプのモノは基本的に交換となってしまうのです。

先日のプロペラシャフトは、後者のカシメるタイプでした。

デルタのプロペラシャフトは3ピースになっており、一番後ろの部分(フューエルタンクの上部部分)はケースの中をシャフトが回る構造になっています。

先日の記事で分かるとおり、その前部にはベアリングが圧入されていて、そのベアリングが不良の為に異音が発生していたのです。

その部分を分解する為に、ユニバーサルを分解する必要に迫られました。

幸いな事にパーツは有るということで、先行で分解(基本的に破壊を含む)を進めていきましたが、翌日パーツが到着するとサイズが全く違います、確認してみると、ユニバーサルは2種類の部品が存在し、供給が有るのは送られてきたパーツのみの回答でした。

ここで、

「基本的にベアリングは規格品だから、何か他の物と共通であろう推測」を立てましたが、さんざん調べても同一サイズの物は存在しません(見つかりませんでした)。

PhotoPhoto_5 左がユニバーサルジョイント。

十字の形をしています。

先端はキャップ式のニードルベアリング。

デルタには2箇所付いています。

(純正品です。)

3mmベアリング外径が違います。

元々はカシメるタイプのモノでした。

ベアリングが入る部分をサイズアップ加工し、スナップリングのミゾ加工もしてあります。

右側画像の少し下側に見えるのはマウントブッシュです。

これだけ購入しても交換は無理な場合があります。

センターのロックナットはもちろん新品交換。

Photo_3Photo_4 このようにして組み立てます。

片側ずつベアリングを組んでいきます。

スナップリングで留まっているのが分かると思いますが、このミゾが元々無く、加工して組み上げています。

最初からスナップリングで留まっているものは、もちろん無加工で交換は可能です。

結構大変な作業になりました。

今後の為に確認しておいたほうが良さそうな部分ですね。

2008年12月12日 (金)

フューエルタンク

先日の記事のプロペラシャフト関連です。

ランチアデルタのプロペラシャフトを取り外す為には、フューエルタンクの脱着が必要になります。丁度、タンクの真ん中を貫通するようにタンクが取り付けられているためです。

よく悪さをするナット(プラ製)のせいで、燃料漏れをおこすんですね。

PhotoPhoto_2Photo_33つです。

画像では割れていませんが経年劣化してここが割れます。

画像左から、タンク内部のエア抜き部、真ん中と右は左右を連結しているホースの部分です。デルタのタンクは、プロペラシャフトを避ける為に左右で分かれているような形状をしており、下側のみで繋がっている為に左右をホースで結んでおかないと負圧が掛かってしまうのでこのような構造になっています。

真鍮製の対策ナットが出ていますので、これと交換すればOK。

Photo_4Photo_7 フューエルポンプ取り付け部分からガソリン漏れも有りましたので、パッキンを新品と交換しているところです。

タンクを下ろしている状態だと交換は容易です。

2008年12月 4日 (木)

スタビライザーリンク

シャシーの防錆処理で入庫したデルタです。

普通に足として使用している為、気にせずに乗りたいとの事での作業です。

タイヤを外して、付いているグロメットを全て取り外して洗車の準備中に・・・

あれ?

Img_0115フロントスタビのリンクが折れています。

既に折れた部分が横を向いていたので異音が発生せずに気が付かなかったのだろうと思います。

Img_0117Img_0119Img_0118完全に・・・

折れています。

錆が原因?

交換しちゃいましたよ、Aさん。

2008年12月 2日 (火)

ブレーキ不調(155)

ブレーキ不調の155が入庫しました。

ペダルを踏むと奥まで入ってしまいます。

オマケにブレーキのチェックランプがサイドブレーキを戻しても消灯しません。

サイドブレーキのモニターランプは、ブレーキフルードのレベルセンサーと共用しており、レベルが下がると消えなくなります。

消えない理由としては、パッドが消耗しレベルが下がる場合と洩れが有る場合です。

調べてみると、ブレーキフルードのレベルがかなり下がっています。

原因は・・・・ Img_0113Img_0111 これでした。

フロント左、

漏れがあります。

拡大画像

Img_0112_2Img_0114

完全に切れています。

原因に間違いないですね。

フロントは、サスペンションの動きの上下運動に加えて、ステアリングの左右の動きも追加されるので結構負担が掛かります。

定期的にチェックすることが必要ですね。

2008年12月 1日 (月)

12月6日

12月6日(土曜日)、関東方面出張の為、休業いたします。

翌、7日(日曜日)午後より営業予定です。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さいますようお願いいたします。

忘年会&蕎麦ツー報告

Img_0012_3 11月29日、pm8:00より忘年会を行いました。

8時には開催場所である「小料理 京町」に皆様続々とお集まり頂きました。

少し時間が押しましたが、無事に宴会がスタートし(大量の?)料理を次々と口に運ぶものの、最終的には料理が残ってしまうほど出していただきました。
(親方!ありがとうございます)

その後、2次会~3次会とお付き合いを頂き(詳細は省きます)、1時ごろ解散。

明けて翌日・・・

カレンダーの関係で2日連続になってしまった「蕎麦ツー」です。

前日の忘年会に続けての参加も頂きました(ありがとうございます)。

AM10:00に東北道 菅生SA(上り線)に集合。

Img_0028 途中、乗り合いの約束をしていたOさんとSさんをピックして一路菅生SAに向かいました。

ちなみにこの時点では快晴!

全員の集合を確認して、山形のお蕎麦屋さんに向かいました。

Img_0029Img_0032Img_0035・・・・

笹谷・・・

雪です。

ノーマルタイヤでは無理!でしょう・・・。

Img_0051 蕎麦屋さんは、

こんな感じ・・・・

あぁ・・・雪が・・・・

Img_0058 でも!

中は暖か・・・

特別メニューのキノコ&タケノコ汁(あったまります)

Img_0059Img_0061 そして!

蕎麦&てんぷら!

相変わらず美味しいです。

今回は大板を頂きました。(終盤はきつかった~笑)

その後、解散し、温泉に行くチーム、直帰の方、仕事に戻る方(?)と分かれました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

楽しんでいただけましたでしょうか?

今回参加できなかった皆様、次回は是非ご一緒しましょう。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »