イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« エアコン | トップページ | ドゥカティ »

2008年7月26日 (土)

続、エアコン

東京のスーさんからのリクエストです。

「エアコンの効きを少しでもよくする方法」です。

通常、良くあるパターンとしては、
ヒーターコックを追加して、温水を完全にシャットする方法が挙げられます。

しかし、若干の手間とコストが掛かる事と、取り付け場所等によっては、ヒーターコック本体に無理な力が掛かってしまい、コック自体を破損してしまうケースもあります。

Photo_6 デルタオーナーならご存知のパネル。

これの真ん中のダイヤルが温度ですね。

コレを左にいっぱい回すわけです。

Photo_7 いっぱい回すと

←こんな状態です。

これ以上は回りません。

Photo_8 その時のヒーターコックの画像です。

コレはワイパーモーターの脇にあります。

この画像と、下の画像を比べてください。

Photo_9 これはヒーターを効かせている時の状態です。

脇の黒いレバーが上に上がっています。

コレが上下する事で、開閉させているんです。

Photo_10 室内側で左に目いっぱい回してから、

画像のように指で下に押す事が可能です。

これでヒーターに行く温水の量を少しだけ減らす事が出来ます。

お試しあれ>スーさん。

« エアコン | トップページ | ドゥカティ »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

おぢさん!いつもお世話になります。
早速、試してみましたが、ここ数年デルタでは感じたことの無い冷風が出ましたよ。感動モノでした!
ただ、昨日東京は薄曇りだったので、炎天下で再度試して再度ご報告します。
上手くいけば「ガッテン」です!!
取り急ぎご報告まで

スーさん、コメントありがとうございます。

あのね、これをね、電話で説明するのは、なかなか難しいんだわ。
だからね、画像付きでアップしたんだわ。

どうしても温水が流れる(シャットしない)構造のコックだから「少しでも」の積み重ねが大事・・。
暫し様子を見てください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/41973073

この記事へのトラックバック一覧です: 続、エアコン:

« エアコン | トップページ | ドゥカティ »