イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

デスビ

久々の更新です。

ランチアデルタ、16VとEVO1には「デスビ」が付いています。

EVO2では、デスビの付いていた所には「カムアングルセンサー」が付いています。

Photo 新品との比較。

右が新品、左は交換の為に外したモノです。

16Vの新車当時は、黒く、ツヤの有る材質のモノでしたが、EVO以降は画像右のような、白いものに変更されました。

現在では、左のように、黒でツヤ消しの物になっているようです。

Photo_2Photo_3Photo_4 キャップの中の電極を取り囲むように汚れているのが確認できると思います。

また、ローターの先端も荒れています。

Photo_5 また、忘れてはいけないのが中心の電極。

言葉では説明できないのですが、中心電極の中に入っているバネの力が弱くなって来ています。

新品交換の際に比較してみるといいでしょう。

デスビキャップ=3675円(税込み)

デスビローター=1890円(税込み)

2008年5月23日 (金)

実在・・・

Photo_2 実在するんですね(笑)。

下らない話ばかりですみません・・・happy01

ようやく

Photo 咲きました。

数年前に、友人が引っ越す事になり、譲り受けたものです。

少なくとも4~5年は、一度も咲くことが無かったのですが、今年は見事に咲いてくれました。

何か良い事でも・・・・(笑)

2008年5月20日 (火)

最近の話題

今日の仙台地区は、雨と風が物凄く酷いです・・・。

近頃、火曜、水曜(ウチの休み)になると、天気が悪い気がするのは・・・?

さて、クルマネタとは全く関係ない話題です。

下の記事の、今は・・・コメントにある話題です。

最近来てくれるお客さん達に、

「森永チョコボールの金のエンゼルを見たことがある?」という質問をすると、

現在は100%の確率で、

「一度も無い、銀はある」の回答・・・・・

金のエンゼルは存在するのだろうか?当たった人は居るのだろうか?

もし、「オレ当たったよ!」って方はコメント下さい。(居ないかな?)

下らない話ですみません(笑)

2008年5月13日 (火)

今は・・・・

Img_0001 ←コレのクラッチオーバーホール中です。

2008年5月11日 (日)

進化剤、実験

先日紹介した「進化剤」について、

「バイク(オートバイ)では、どうなの?」という質問を頂き、GW中に自己所有のバイクに注入して実験(テスト)をしてみました。

最初にテストしたバイクは、カワサキのKLX250という、4ストロークの単気筒のエンジンを積むオフロードバイクです。走行距離は約5000km。オフロード車、という事とシングル(単気筒)という事で、あまり高回転型のエンジンではない事を事前に報告しておきます。

使用しているエンジンオイルは、TOTALのクォーツ7000(10-40w)です。

走行前に暖機運転を十分にし、その後、進化剤を25cc程注入しました。

(バイクの場合は、クルマと違い、レベルゲージが無いので、エンジンを掛けたまま注入する事ができない為、暖機運転後にエンジンを一度停止し、注入口から注射器で注入、そして再度エンジンをスタートさせるやり方にしました。)

そして、スタート。

まず感じたのが、シフトタッチの良さ。

(このバイクは、エンジンオイルとミッションオイルを共有していますから(ハーレーなど一部の車種はこの限りでは有りません)、所謂、ミッションオイルにも入れた状況、と思ってください。)

シフトタッチが、滑らか、というか、今まで感じていた「渋さ」が消えました。

ご存知の方は、良く分かっていただけると思うのですが、オイルが温まるとニュートラルが出難くなるのです。しかし、この症状がかなりのレベルで消えました。

(ちなみに・・・・通常、オートバイのミッションは、1速(1回踏み込む)~そこから上げていくと、2速~3速という感じでシフトしていきます。ニュートラルは、1速と2速の中間にあり、信号待ちなどで1速から「ほんの少し上に上げる動作」をしているバイクの人達は、ニュートラルを出しているんですね。)

これが凄くやりやすくなった、と言えば分かりやすいかと思います。

また、メカノイズがかなり減少しました。

しかし、一番驚いたのが「燃費」です。

今まで、20km/L前後だったものが、30km/L以上を記録しました。

使用条件、走行距離、気温等でも変化すると思いますが、結構な変化で驚いています。

ちなみに、もう1台でもテストしました。

もう1台は、カワサキのZZR1400というバイクです。

やはり、GW中にツーリングのお誘いを頂き、参加の直前に上記のバイクと同じ作業をしました。注入量は、やはり25ccです。

こちらは、エンジンオイルの量や、排気量に対して若干少なかったかもしれません。

一番効果が出たかな?と思われたのは、やはり「燃費」でした。

15~16km/Lだったのが、18~19km/Lと1割強アップしました。

KLXの燃費は参考にならない程の変化でしたが、クルマの場合は後者(1400cc)の方に近いのかもしれませんね。

2008年5月10日 (土)

連休も明けて

大型連休のゴールデンウィークも明けて、ようやく日常を取り戻しつつあります。

通常、連休前には仕事を殆んど終わらせて、店の中を空っぽにしていくんですが、今年は珍しく1台だけ連休明けの納車に予定が変更になり、今も店の中でオーナーがお迎えに来るのを待っている車があります。

連休明けの仕事も順調に頂いております(ありがとうございます)。

皆さんは、どんな連休を過ごされたのでしょうか?

私は、趣味の「オートバイ」と「釣り」で過ごしておりました。

共通の趣味を通じて、違う世代の方々と色々な話が出来るので「やはり趣味は大切」だと思いました。ご一緒させていただいた方々は、私よりも大先輩の方々でしたが、気さくに話していただき、大変参考になる話も聞くことが出来ました。

これは、趣味性の高い「クルマ」にも言えると思います。

ウチの店を通じて知り合い、仲良くなり、って感じの方が多いのも凄く良い事だと思っていますし、そういう店にしたい!って希望も叶っているわけですからね。

ウチの店が出会いの場になって、輪が広がる。(変なサイトじゃ無いですよ、笑)

嬉しいですねぇ・・・。

2008年5月 1日 (木)

意外と使える工具

ブレーキの整備をしていて、「フレアナット」が外れない時・・・ありますよね?

専用の工具を使っていても、固くて回らない時・・・これ以上無理をすると・・・

Photo_5 ←これ、便利です。

色んなサイズが販売されています。

パイプレンチの簡単版!ってところでしょうか。

パイプレンチ程、肉厚が無いので、狭いところでも意外と○。

アルファの145、155のリア周りのブレーキホース交換に有効ですよ。

続、バラバラ

PhotoPhoto_3Photo_4バラバラのオマケ画像です。

左の2つはバルブ。

一番右はプラグです。

3番シリンダーの中から出てきた「バルブだった物体」ですね。

変形の度合いが衝撃の強さを物語っています。

そのバルブにやられたのが、プラグです。

丁度プラグを直撃した事がわかります。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »