イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« ようやく・・・ | トップページ | お陰様で11周年♪ »

2008年3月16日 (日)

エンジン不調

  秋田より、新規のお客様にご入庫いただきました、ありがとうございます。

オーナー「K氏」のご了解も頂き、報告を兼ねてアップします。

さて、車両は「ランチア デルタ EVOL1」です。走行距離は、約12万km。

車を見せていただくと、アイドリングが不調です。ドドドドド・・・と波打つ感じは無いのですが、キレイに回っていません。回転数を上げれば揃うような感じです。

色々と点検を進め、コンプレッションをチェックしました。

プラグを外すと、1,4がキレイに焼けており、2,3が燻っています。

ゲージにて測定開始、

1回目、1番11k、2番8k、3番7.5k、4番11k

2回目、1番11k、2番8k、3番8k、4番11k

プラグホールから、エンジンオイルを少量注入し、

3回目、ほとんど変化なし。

エンジンの圧縮不良と判断しました。この段階では、「多分ヘッド」

オーナーに連絡後、「O/Hを」という了解(判断)を頂き、分解に入ります。2_3

まず、気になったのがクーラント。

色が悪く、水温が高め(若しくはオーバーヒート)の経歴があったかな?、と推測されます。

オーバーヒートした車両は(理由は不明ですが)クーラントに錆が混じるようです。この車両もそれに近い色でした。Photo_2

入庫初日の作業は、最終回答を頂いたのが夕方でもあり、この状況までで作業を終えました。

翌日、

いよいよ核心のヘッド脱着です。

Photo_3 その前に、また気になる部分を発見しました。

この車両はトランクルームにバッテリーが移設してあり、そこからケーブルをエンジンルームまで引いてありました。

丁度、エアコンコンプレッサーの裏を通して引き込んでありましたが、画像の通り、コンプレッサーと接触していて+コードが剥き出しになりかけていました。発見が遅ければ車両炎上の可能性もありました。

ここから同じように引き込まれている方は要注意ですね。

Photo_52_4Photo_6Photo_7

ついでに、分解前のタイミングベルトのたわみ量を載せてみます。

かなりベルトが伸びているのが確認できると思います。

Photo_8Photo_9

ヘッドを降ろしました。

ピストントップ、及びヘッド側カーボンの状態です。

2番と3番のEXバルブの色が悪いのが分かると思います。多分、原因はこれであろうと推測しました。

ここから確認作業に入ります。

Photo_1012_5まず、IN、EX、共、カムシャフトを外して、ヘッドを(燃焼室が上に向くように)逆さにします。

そこにガソリンを入れています。

ガソリンは浸透性が高く、バルブの密着が悪いと漏れてくるんです。

画像で分かるとおり、2番と3番のEXポートからガソリンが漏れてきました。

思ったとおり、バルブの機密性が悪く、圧縮が下がっていたものと確認できます。

特に3番は、見る見るうちに燃焼室に有ったガソリンが減って行きましたから、特に圧縮が低かったのは納得です。

確認作業を終え、最終分解と清掃に入ります。(続きます)

« ようやく・・・ | トップページ | お陰様で11周年♪ »

メンテナンス」カテゴリの記事

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/40515832

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン不調:

« ようやく・・・ | トップページ | お陰様で11周年♪ »