イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 食事会の件、追加報告 | トップページ | エンジン不調6 »

2008年3月24日 (月)

エンジン不調5

タイトルの割には、エンジンネタではありません・・・。

・・・・と、言いますのも・・・・

部品等の到着を待つのは、気を揉み、イライラしてしまうものです。

「早ければ土曜日、遅くとも日曜には出荷します」
との外注先の言葉を信じれば、
「月曜の午前中に届くもの」
と判断し、アサイチで念の為、確認電話。

「すみません、今日出します(+色々言い訳)」
「・・・・・・・・」言葉が出ません。

でも、そんな事でやる気を落としている場合では有りませんから、
後回しにしていた作業を先に開始しました。

クラッチレリーズとマスターシリンダーの交換です。

症状は、

以前、ご来店頂いた時に試乗させていただきましたところ、
「一時停止でギアが入らず、何度かペダルを踏みなおして入る」
状況が確認できました。

オーナーの方にも念の為確認、且つ、
入庫の際に回送してくれた業者の方も
「踏んだペダルが戻らず、何度かシフトできない状況になりました」
との事なので、

クラッチマスターシリンダ及びレリーズシリンダを交換しました。

Img_0090Img_0091左側の画像、左が新品、右が装着されていた物。

右側の画像、下が新品、上が装着されていた物。

レリーズの交換の際、時々大変なのが、

錆び付いて「ホルダー」から抜けない場合。

この場合は、Assy交換ならホルダーをバーナーで炙れば外れます。インナーキットのみの交換(修理)の場合は炙ると弊害が出ますので、浸透剤などを使い、根気良く、ゆっくり作業した方が良いかもしれません。

マスターシリンダーは、「ピン」と「ストッパー」を入れるのが少し厄介ですが、時間を掛ければ何とかなるでしょう(コツは有りますけど、文章では表現できないですね)。

何れ、交換の際はブレーキフルード(スポイト等で)を抜いておく事。
コレをやらないと室内がフルードだらけになる場合がありますよ。

あとは、バキュームホースの引きなおし等の細かな作業を進めていました。

明日は早出して、ヘッドの到着を待ちます。

追記、確認したところ、本日出荷された模様・・・

« 食事会の件、追加報告 | トップページ | エンジン不調6 »

メンテナンス」カテゴリの記事

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/40624176

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン不調5:

« 食事会の件、追加報告 | トップページ | エンジン不調6 »