イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« ヒーターコック | トップページ | 忘年会、報告♪ »

2007年12月25日 (火)

ウォーターポンプ

社外品のウォーターポンプで、取り付け出来ない、という話を耳にします。

微妙な違いは、16V用とEVO用の違いがほとんどです。

Photo 左の画像をご覧下さい。

向かって左がEVO(純正)、右が16V(社外品)です。

取り付け部分はほとんど同じに見えます。

Photo_2Photo_3上と同じで、左EVO、右が16Vです。

ここの取り付け部分の高さが違うのです。

確認せずに取り付けると大変な事になります。

Photo_4Photo_5計ってみると、おおよそ10mm違います。

16V用をEVOに取り付けようとすると、ボルトが短くなりますし、逆の場合は長くなります(長い部分にカラーを入れることによりクリア出来る場合もあります)。

また、仮に取り付けが出来たとしても、この部分にタイミングベルトカバー(下側)を留める為のブラケットが共締めされるのですが、このプレートが斜めになり、ボルトを正しく装着する事が出来なくなってしまうのです。

作業が簡単な所であれば、あまり気にしなくても良いのかも知れませんが、ウォーターポンプは意外に厄介な所ですから、自分で作業をする場合、パーツを購入する際には注意し、取り付け(交換)前には必ず比較するようにしましょうね。

« ヒーターコック | トップページ | 忘年会、報告♪ »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

正月休みにやっつけようと思ってたとこです。
なんてタイムリーな^^

10mm、削って対処します。

HFさん、まいどです。
10mmカットでOKな筈です。
切り口をなるべく均して、平にする事がコツです。
ブラケットが斜めになりますので・・・。

タイムリーなネタで良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/40485563

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターポンプ:

« ヒーターコック | トップページ | 忘年会、報告♪ »