イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« EXマニホールド | トップページ | こんな事もやっています! »

2006年6月23日 (金)

続々、タイミングベルト

交換したタイミングベルトの画像を参考にお見せします。

Photo_87 向かって左側が新品(ダイコ製)、右側が交換した使用済みのタイミングベルトです。

作業をした車は、デルタEVO2です。

左右のベルトを比較すると、新品のベルトの山には頂点に「ミゾ」があるのが見て取れると思います。

Photo_88 分かりやすく、サイドからの画像です。
上側が新品、下が使用済みです。

デルタはタイミングベルトが鬼門なのは有名な話です。

8Vから16Vに変更になった直後は、ベルトのトラブルが多く、「コマ飛び」やいわゆる「切れ」が多く発生しました。

その後、対策となり、ベルトの山の大きさも変わり、ミゾも出来たんです。

このミゾは、ベルトに掛かる衝撃(アクセルのオン、オフ、エンジンブレーキ等による)を吸収するために作られたそうです。

使用期間、走行距離が伸びるとミゾが浅くなり、消えてくるのでベルト交換の一つの目安にはなるでしょうね。

« EXマニホールド | トップページ | こんな事もやっています! »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

おお!勉強になります。
今度見てみますね^^
EXマニは相当欲しいんですが先立つものがなく
今回は泣く泣く見送ります。。

HFさん、こんにちは。コメントどうもです+先日はありがとうございましたm(_ _)m。
参考までにこの車両は走行距離は短いのですが、今回の交換までに少なくとも4年以上の時間が経過しています。一つの目安はベルトの背面の文字(部品番号)が消えかかると1.5万km、完全に消えると2万km程になるようです。
真ん中のミゾが完全に消えてしまうのはまずいので、その前の交換が望ましいようですよ。
ただ、全ての個体が合致するものではありませんので参考までに、程度で留めておいてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/40485402

この記事へのトラックバック一覧です: 続々、タイミングベルト:

« EXマニホールド | トップページ | こんな事もやっています! »