イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

155

1747467_img 画像が荒くてすみません・・・。

155のクラッチレリーズを交換しました。
バッテリー&トレイを取り外しての作業です。

1747466_img 少し拡大するとこんな感じです。

オーナー曰く、一度クラッチペダルが戻らなくなった、との事でした。オマケに最近、クラッチの操作感がイマイチらしい。

1747465_img 確認してみると、ブーツが裂けていてフルードの漏れが始まっているのが確認できます。走行距離、年式も考えてオーナーと相談し、マスターシリンダーの交換作業も行いました。

案の定、マスターからも漏れが始まりかけていました。

2006年6月29日 (木)

カッコいいんだな・・・

トラックバックの依頼が有り、確認してみた所・・・

こんなものを見つけてしまいました。

元来、ミニカー(モデルカー)好きなので、思わず「カッコいいなぁ・・」と呟いてしまいました。(笑)

2006年6月23日 (金)

キャンペーン♪

以前、ご紹介いたしました「アルファロメオ155,145用リアアライメントボルト」のキャンペーンを行います。

期間は、本日より7月末日まで!

価格は2本セット(1台分)で税込み19950円です。

申し訳ありませんが数に限りがありますので、無くなり次第終了とさせていただきます。

お申し込みお待ちしております。

こんな事もやっています!

Photo_89 ペイントです。

サンドブラストでカムカバーの古い塗装を剥離してペイントしてみました。色はお好みで何色にでも可能です。Photo_90

デルタの場合ならば、ノーマル下取りで作業を受け付けますので自分のカムカバーを外して仕上がりまで待つ必要も有りませんよ。

続々、タイミングベルト

交換したタイミングベルトの画像を参考にお見せします。

Photo_87 向かって左側が新品(ダイコ製)、右側が交換した使用済みのタイミングベルトです。

作業をした車は、デルタEVO2です。

左右のベルトを比較すると、新品のベルトの山には頂点に「ミゾ」があるのが見て取れると思います。

Photo_88 分かりやすく、サイドからの画像です。
上側が新品、下が使用済みです。

デルタはタイミングベルトが鬼門なのは有名な話です。

8Vから16Vに変更になった直後は、ベルトのトラブルが多く、「コマ飛び」やいわゆる「切れ」が多く発生しました。

その後、対策となり、ベルトの山の大きさも変わり、ミゾも出来たんです。

このミゾは、ベルトに掛かる衝撃(アクセルのオン、オフ、エンジンブレーキ等による)を吸収するために作られたそうです。

使用期間、走行距離が伸びるとミゾが浅くなり、消えてくるのでベルト交換の一つの目安にはなるでしょうね。

2006年6月21日 (水)

EXマニホールド

最近更新が出来ずにすみません・・・。

さて、お問い合わせの多い「ランチアデルタ用オリジナルEXマニホールド」の限定生産をします。

受付期間は、本日より今月末日までとさせていただきます。

適合車種は、16V~EVOⅡ、材質はステンレス製です。

少量生産のためにいつもご迷惑をお掛けしておりますが、ご希望の方がいらっしゃいましたらメールにてお問い合わせ下さい。

2006年6月17日 (土)

最近・・・3

掛かりました・・

アウトビアンキ初期型・・・始動しました・・・。

他の事もあるので・・・寝ます。

あ、明日・・・いや・・今日か・・休みます。

2006年6月16日 (金)

今週末、出張ですm(_ _)m

皆様こんにちは。

梅雨に突入し、気温の差も激しいですが、如何お過ごしでしょうか?

さて、今週末の17~18日(土日)は出張の為、店は休業になります。

ご来店予定の方はご注意下さいませ。

最近・・・2

更新のペースが落ちています・・・作業でハマっているんですよね(苦笑)。

先日の「なんだこれは・・・2」のデルタは完了し、見違えるほどに仕上げました。
マセラティのリアマフラーも欠品していた為、左右ともステンレスで作成。
と、ここまでは順調でした。

ハマっているクルマはアウトビアンキの初期型、症状は「エンジン始動せず」。

点検したら・・まずバッテリー上がり→充電→スパーク点検→ポイント修正、
→セルモーター不調→脱着→O/H→ダメ・・・・。

セルの前後のメタルブッシュがガタガタだったので交換しましたが、外側のコイルと中のコイルが接触し、変形してしまっているようなんです。

こりゃぁ・・・交換かなぁ・・・・Assyは新品で見つけたんですけど・・。

エンジンが掛かるほどセルモーターが回ってくれないので次のステップに進めずにもがいています。

完成していないし、作業中は手が汚れすぎていて画像が撮れないんですよね。

今日、再度頑張ってみます。

掛かれよぉぉぉぉ~~・・・お願い・・・(笑)

2006年6月 9日 (金)

中身は・・・

Photo_83 デルタEVO2に付いているイグニッションリレーです。
悪くなって交換でもしない限り、中を見ることは無いと思います。

裏側は樹脂で固めてありますしね。

Photo_84 ケースを切断すると、こんな感じでリレーが2連装しています。

これで、ケースの上側に有る回路図の様に、電源を分配しているんですね。

Photo_85 ←若干見づらいですが、回路図です。

リレーの上面に刻印されているので分かると思いますが、入力した電源を何処の配線に分配するかが見て取れます。

Photo_86 裏側はこんな感じ。

基盤にハンダ付けされています。ここのハンダが飛んでしまうと電気が供給されなくなっちゃうんですね。

裏側の樹脂を丁寧に剥がせば、修復は可能そうですが・・・あくまでも原因自体の確認作業と考えた方が良いかもしれませんね。

147GTA

Photo_81 先日、友人の147GTAをドライブする機会に恵まれまして、仙台~山形間を運転させていただきました。

いやぁ~なかなか纏まりの有るパッケージングで楽しめました。

Photo_82 足回りも動きが良く、走行中のエンジン音の室内への入り方が絶妙で、高速道路の運転も楽しく、あっという間にいつもの蕎麦屋さんに到着。

午後は店に出て仕事でしたが、楽しめた1日でした。

2006年6月 4日 (日)

EVO2の

ブーストが掛からない状況のデルタが入庫しました。

Photo_77 状況を調べると、どうもタービンらしい・・・

グリル、バンパー、ボンネット等の周辺パーツを取外してE/Xマニホールドごとタービンを取り外します。

Photo_78 調べるとアクチュエーターロッドが完全に外れていました、これではブーストが掛かるわけが有りません。

排気が全てリリーフされているのですからね。

Photo_79 ←で、犯人はこいつ!

このクリップが脱落して、ロッドが外れてしまっていたのです。これを元に戻せば終了です。(これは別の部品取りから外したモノです)

Photo_80 エアコンのコンデンサーとラジエーターを外せば、タービンは丸見えになり、手を入れることは出来ますが、その状態でピンだけを入れるのは至難の業であり(多分不可能?)タービンを外した方が作業効率もいいでしょうね。

ただ、ターボが効かない(ブーストが上がらない)といっても、色々な状況がありますので、いきなりタービンを疑うことはしないようにお願いします。

2006年6月 1日 (木)

アルファロメオ155V6は

アルファ155V6の部品取り車両は処分しました。

また情報がありましたら掲載いたします。お問い合わせありがとうございました。

交通マナー・・・

いよいよ始まりましたね・・・・新制度による「駐車違反取締り」が。

昨日は休みだったので、散髪に行ってきました。

いつも散髪に行くのは仙台市内の長町という所で、そこで高校時代の友人が床屋を営業しているんですね。

車で行ったのですが、夕方という事もあり、旧国道(4号線)はいつものように混雑していました。この場所はいつも混んでいるのですが、混む理由が別にあり、

2車線のうち、左のレーンは駐車車両がいつも沢山停まっているんです。

駐車場もあるのに、何で路上に停めるのか?理解に苦しみます。

もちろん、仕事で~とか、すぐに用事が終わるから~、とか色んな理由はあると思うのですが交通の妨げになっているのは違いありませんからね。

また、最近思うのは、「道を譲っても当然のように平然と挨拶もせずに行く人(クルマ)」が増えていませんか?

狭く、すれ違いがし難い道路で道を譲りあうのは当然だと思いますが、挨拶する人が少なくなったと思います。少なくても私は道を譲ってもらった時などは挨拶(手をあげたり、軽くホーンを鳴らしたり)をするようにしています。

クルマはスマートにかっこよく乗りたいですよね。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »