イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

ファンベルトテンショナー

Photo_65 デルタのファンベルトテンショナーです。

この画像は16v、EVO1までのもので、EVO2になるとプラ製のプーリーで軽いものに変わります。

この画像のタイプのものも意外に交換されていない車両が多く、前述のアイドラーベアリングと並んで異音の原因になっています。

交換のタイミングとしては、ベルト類の交換時やウォーターポンプ交換の際に一緒に交換出来るといいでしょう。ウォーターポンプ交換作業時には、必ず脱着が必要になりますから単発で交換するよりも工賃的にはお得です。

2006年4月29日 (土)

続、タイミングベルト

Photo_58 Photo_59

タイミングベルトの交換の際に同時に交換するものがベアリング関係です。

この画像は、バランサーシャフトプーリーの後に入っている、タイミングベルトのアイドラーベアリングです。これを交換するためにはプーリーの脱着が必要で、それを外す為にはこれをロックして中のボルトを緩めねばならない為、専用工具がないと少し厄介です。

Photo_60 Photo_61

取り外して、ベアリングの交換作業をしている所です。

ベアリングを脱着する為には、ベアリングプーラーかプレスが必要です。ハンマーで叩き込むのは不可です。

ここは案外交換していない車が多く、エンジンの異音(アイドリング時特に)に繋がりますので、ベルトの交換時に一緒に点検、確認、交換作業をしてもらった方が良いですよ。これを交換するだけでエンジンの音が変わったりするんですよね。

2006年4月28日 (金)

マセラティのオルタネーター

Oalt2 Oalt1 Oalt3

マセラティのオルタネーターも修理の度合いが高い部品です。

これは取り外したオルタネーターです。メーカーはデルコ製でこの個体が装着されていた車両は既に3回目のオルタネーター修理のようです。車両はマセラティ430、走行距離は58000kmですから1個あたり20000km持たない計算になります・・・。ただ、オーナーは年間多くて3500~4000km程度しかこのクルマに乗らないためバッテリーが常に上がり気味の状態なのでオルタネーターに掛かる負担は大きくなりますし、マセラティの場合、オルタネーターの装着位置がかなり低く、水、泥等の浸入もかなりありますので寿命が短くなってしまうのかもしれません。

今までの修理はよその工場で行っていたようですので細かな内容は分かりませんが、純正品の交換を繰り返していたようですので、今回は思い切って国産品にコンバートしようと思いました。

取り付けとサイズ、配線、プーリーの削り出し(作成)で完成したのが

Nalt1 Nalt2 Nalt3

このオルタネーターです。

取り付けに関しても、下側は何の問題も無く装着可能です。上はスペーサーを少し咬ませるだけですんなりと取り付けが出来ました。発電状態も良好ですよ。

2006年4月26日 (水)

喜多方ラーメンツーリング♪

皆様こんにちは。

GW前の慌しさが続いて、なかなかブログの更新ができません・・。

さて、来月(5月)21日(日曜日)に喜多方ラーメンツーリングをする計画があります。

ご一緒しませんか?

詳細に関しては、後日アップする予定です。行動予定としては、朝集合、ルートは仙台~遠刈田~長老湖~七ヶ宿~米沢~(大峠経由)喜多方到着。

到着後は自由行動、といいますのも、参加者全員が同じラーメン屋さんに一度の入るのは多分不可能だと思ったからです。

2~3杯ハシゴして食べるもよし、家族単位で行動するもよし、人数が増えると食事が大変なんですが、この形にすることで飛び入り参加も可能になりますしね。

というわけで参加希望者を募集します。

参加ご希望の方はメールでお申し込み下さい。

2006年4月22日 (土)

セルモーター

Stassy セルモーターのO/Hも多い仕事の一つです。

この個体は、スタータースイッチを戻しても回り続けるという症状でした。

Daxtutyaku1 少し見難いのですが、セルモーターを外した所です。車載状態で外すためには、オルタネーターの取外しとフロントパイプ(マフラー)の取外しが必要です。丁度センターデフの上に3本のボルトで取り付けられています。狭くてなかなか手が入りませんが何とか外すことが出来ます。

Sw1 これはセルモーター上部の付いている部品のマグネットスイッチを分解した所です。非分解式の多い中、デルタの場合はこれを分解することが出来るので助かります。中の接点が焼損しているのが確認できます。この部分をヤスリ等で平らに修正してやるんです。

Sw2 これが修正後の画像です。

この個体の場合、ここの接点が焼損し、一時的に溶着してしまってセルモーターがキーオフしても回り続けていたようです。

違うケースとしては、スターターピニオンの所にクラッチのゴミなどが蓄積してピニオンの戻りを悪くしてしまい、戻りが悪い状況も考えられます。

クラッチのオーバーホールなどでセルモーターを取り外した時についでに作業をしてやると工賃的にもお得だと思いますよ。

なにせ取り外しが大変ですから・・・(笑)

2006年4月21日 (金)

カテゴリ追加

カテゴリの追加ついでにもう1つ、部品取り車両の情報と中古部品の情報欄を作成します。

基本的に自分の車を動かすのに必要な方のみにお譲りします。

現在、ランチアデルタEVOL1、アルファロメオ155V6があります。

希望するパーツがあれば必ずメールにてお問い合わせ下さい。メルアド以外に連絡先及び氏名を必ずご記入下さい。そうでない場合は返信いたしませんのでご了承下さい。

また、指定アドレス以外着信拒否の設定をしている方がかなりいらっしゃるようなので、必ず確認し、解除をお願いします。

2006年4月20日 (木)

売却希望欄を追加しました。

皆様こんにちは。

ウチの店はご存知の通り、メンテナンスが中心なのですが時々売却希望の車両情報が入ってきます。

愛情を注いできた車両を手放す際に「大切にしてくれる方に譲りたい」と思うのは車好きとしては当然ですよね。

しかし、残念ながらウチの店は基本的に車両を展示して販売するという形態をとっていません。買取店に持って行くのも抵抗があるし・・・という方のために、このブログのカテゴリーに売却希望欄を追加してみました。これで暫く様子を見ようと思っています。詳細情報などが欲しい場合は、別途メールにてお問い合わせ下さい。

よろしくお願いいたします。

2006年4月17日 (月)

インジェクター

Photo_56 EVO2のインジェクターを取り外してチェックしました。

デリバリーパイプとインジェクターから凄まじい量のゴミが出てきました。
燃料フィルターは交換したらしいけど、たまには外して見てあげないとダメそうですね。

2  若干見えにくいかも知れませんが、ペーパーウエスの上に黒いゴミが沢山見えると思います。

インジェクター1本から出てきた量としては結構多い部類ですね。交換するとなるといい(笑)金額になってしまいますので時々掃除するのが良さそうです。

この前は「砂」(?)のようなものがかなり出てきた車も有りました。

Photo_57

2006年4月16日 (日)

パワーチェック

Photo_55 意外と公表されないパワーチェックシートを公開します。

(推定何馬力、とか、何馬力は可能とか、計算上は・・とか多いですけど意外に公表されることは少ないと思います。)

これは、ウチのデモカーとして何度か雑誌に掲載されたデルタのチェックシートです。(良く見るとフォルダの名前が180SXになっていますが、これは計測時にデルタのフォルダが無かった為で、間違いなくデルタのものですので誤解の無いように・・。)

ブーストは、1k、1,2kの2パターンで、
1k時、   264,9ps  34,9kg/m
1,2k時で  289,1ps  38,4kg/mが記録されています。

これはハブ出力で、エンジンの出力では有りませんので念の為・・。
エンジン出力は、この数値にロス係数(1,2)を掛けたものです。

使いやすくて良いエンジンだと思います。

2006年4月13日 (木)

店の紹介及びご案内

最初にやるべき店の案内をいたします。

Photo
外覧はこのような感じです。

以前、ご案内いたしましたとおり、あまりシャッターを開けないので営業してないと思われがちですが、営業しています。

入り口はここです。

Photo_2

ドアにイタリア国旗のオープン看板が下がっていますが、これも風が強いとこのようにドアの方にかけられてしまいますから、尚の事営業しているのかは不明になりがちです。

オープン看板はこれです。

Open
これが本当にクローズの時(笑)は・・・↓こうなります。

Closed
電話確認を頂いた上でご来店いただければ間違いありません。
作業をご希望の場合は、特に確認をお願い致します。

様子を見ながら、遊びに来るだけでも、もちろんOKです。

心よりお待ちしております。

所在地   宮城県仙台市宮城野区扇町7-7-20
  TEL   022-387-0345
  FAX   022-387-0346

営業時間  AM10:00~PM7:00
定休日   毎週水曜日及び奇数火曜日

(イベント、出張等もありますのでご確認の上ご来店下さい)

尚、このページはリンクフリーです。どんどんリンクをお願いします。メールで確認いただければこちらからもリンクいたします。地図はこちらをご参照下さい。

よろしくお願いいたします。

今日は暖かいですね。

今日は久しぶりに暖かく、立ち止まっていた桜前線も動き出しそうな程でしたね。

トップページの画像も雪だるまから変更しました。

さすがに雪ももう降らないでしょう。

5月の連休前にと、少しずつオイル交換依頼も増えてきました。

さ、もうひと頑張りしますかね・・・。(笑)

2006年4月10日 (月)

ありがとうございました。

Photo_53 昨日、夕方より「9周年記念食事会」を行いました。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

思い起こせば、‘97年の3月29日に店を構えて早9年・・・。

色々なことが有りましたが、ここまでやってくることが出来ましたのも、皆様方のお陰であると常々感謝いたしております。

Photo_54

尚、参加できなかった方のために、あえて食事の画像は掲載しません。(恨まれそうですから・・・笑)

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

末筆ながら、お世話になりました「トラットリア マルコポーロ」の小野寺シェフに・・・

美味しい料理をありがとうございました。

2006年4月 7日 (金)

続、タイミングベルト

Photo_49 タイミングベルトの交換と併せて、ウォーターポンプの交換をしている所です。

今までの経験上、7万km前後でウォーターポンプの交換をする場合が多いです。(あくまで経験値であり、全ての車両が当てはまるとは限りません)

Photo_50 ポンプを外す際、エンジンマウントからエンジンを切り離す必要がありますが、別にエンジンを下ろさなくてもポンプの交換は可能です。

また、クーラントを定期的に交換している個体はポンプの寿命も延びる傾向にあるようです。

Photo_51 タイミングベルトのテンションを掛けているところです。

SSTを使用し、規定値で掛けます。前述の通り、デルタのテンションはかなり強めです。

Photo_52 ←SSTの画像です。

16V以前のリアキャリパー

Photo_46 なかなか更新できませんでしたが、前述のリアキャリパー内部のワッシャについて書いてみます。

←これです。

Photo_47 画像では分かり難いかも知れませんが、若干真ん中が盛り上がっているような形をしています。

←一枚のみの画像です。

Photo_48 これを2枚重ねると、丁度ソロバンダマのような形になります。

これを片側5枚、交互に重ねることでスプリングの役割を果たし、サイドブレーキを戻すんです。

パーツナンバーに関してはeパーツで確認しましたが、現在は既に生産中止、及びeパーツで検索するとAssyのみの表示で分解図が出ませんでした。

16までは分解してこれを交換することが出来ますが、EVOになると構造が違います。

長時間停止(駐車)する場合はサイドブレーキを引かず、ギアを入れて止めておく癖を付けたほうが良いですよ。(構造を見るとわかると思いますが、結果として割れてしまうのです)

2006年4月 1日 (土)

ガラスコーティング

Photo_44 デルタにガラスコーティングを施工しました。

画像はオリジナル塗装のEVO2です。かなりきれいになりました。この車は鉄粉が酷かったのですがもちろんそれも完全除去しました。

以前、足車でテストをしていると報告しましたが、耐久性も十分だと思います。

Photo_45

一冬過ごしましたが(水洗い洗車のみ)ツヤも良い状態で保持し続けています。

ボディーの手入れに時間が割けない方にオススメですね。

そばツー報告♪

Photo_40 今日は有志で山形のお蕎麦屋さんにいきました。

←画像は板そばです。
これに天ぷらをプラスして食べます♪

Photo_41 いつもお邪魔しているお蕎麦屋さんの暖簾です。

場所は月山の麓、大井沢という所でR112からダム沿いの道を進んで1件目のところですからすぐにわかります。

Photo_42 ←今日の雪の状態です。

なかなかいい感じで雪が残っていますが、やはり暖かいのでしょうね。2週間前に行った時よりもはるかに少なくなっています。

Photo_43 そばと一緒に注文する天ぷらです。もう少し経つと山菜が豊富に採れるようになり、山菜の天ぷらにありつけます(笑)。

今年は何度かそばツーを計画していますのでご一緒しましょう。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »