イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« フロントグリルエンブレム | トップページ | 町工場.net »

2006年2月19日 (日)

ランチアデルタのタイミングベルトのテンションについて

タイミングベルトの交換時に掛けるテンションについて書いてみます。

まず、ベルトの交換に際し、エンジンの脱着はもちろん必要ありません。なぜ、今更改めて書くかというと、相変わらずエンジンの脱着をしないと作業が出来ないと思っている場合があるからです。

作業は確かにやり辛いのですが(エンジンルームが狭い為)、国産車のベルト交換が出来る方は多分何とか出来るでしょう。既に自分で作業、交換をされている方も多いと思います。

ばらす順序と組み立てる順序、マーキング等をきちんとすれば問題ないと思います。

ただ、私が初めてデルタのベルトを交換したときに思ったのが、「テンションがかなり強い」という事です。もちろん純正の指定工具を使って交換しましたが、指定値に設定するととんでもなく張りが強いのです。したがって、普通に国産車のつもりで張りの調整をすると、すぐに伸びます。運が悪いとコマ飛びを起こしてしまうほど初期伸びは早いのです。

交換までの間にリテンション(テンションの再調整)をするという所もありますが、ウチの場合はリテンションは基本的にしません。ユーザーが希望をすればもちろんしますが、それ以外の場合は交換が基本です。

タイミングベルトカバーに浮き文字で,

do not adjust timing belt tension と書き込まれています。

直訳すれば、「タイミングベルトの張り調整をしない事」ですよね。で、これは、ユーザー(オーナー)に向けた言葉なのか、整備する側に向けた言葉なのかを考えました。

サービスマニュアルには、タイミングベルトの交換は4万km毎で指定されていて、また、2万km毎の点検も指定されています。

私の解釈としては、「2万kmごとの点検をした時に伸びがあまりにもある場合はタイミングベルトのテンション調整をせずに交換しなさい」という事なのだろうと思っています。

ベルトの交換に関しては、担当の方やディーラーの方の方針や考え、ノウハウもありますから一概に言うことは出来ませんが、場所場所で解釈の違いは出ると思います。ただ、特にデルタの場合は、元々8バルブだったものを16バルブ化し、狭いエンジンルームのために簡単に削れるベルトの幅を狭くしてしまった為にトラブルが多く発生する可能性が高くなってしまった車なんです。

ベルトは「切れる」、というよりは「伸びたベルトが、減速時(エンブレ)に必要以上のたわみを起こしてコマ飛びを誘発してベルトの山が無くなる」場合の方が多いと思います。ごく稀にアイドリング中にトラブル事もありますが、交換時期の見誤り、初期テンションの不良を除けば、そうそうトラブルは無い車です。

交換時期に関して、馴れてくると音である程度は判断できますが、残念ながら私はこれを文章で表現する能力が無いのでご容赦下さい。

« フロントグリルエンブレム | トップページ | 町工場.net »

ランチア(デルタ)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
松山でデルタEVO2に乗ってます。
KOAさんとこから飛んできました。

いまだにエンジン降ろさないと、なんていう
ショップが存在するのには辟易します^^;;

いろいろ勉強させてください。
よろしくお願いします。

HFさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
聞きたい事などあれば書き込んでくださいね。
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510234/40485349

この記事へのトラックバック一覧です: ランチアデルタのタイミングベルトのテンションについて:

« フロントグリルエンブレム | トップページ | 町工場.net »