イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月27日 (月)

155/145用のリアアライメント

Photo_10 先日ご案内致しました、アルファロメオ155、145用のリアアライメントが調整できるパーツをご紹介いたします。

全体図は左の画像です。

リアのアームの中心についているボルトです。
もちろん2本セットでのご使用が必須になります。

Photo_11 少しだけ秘密をお見せすると・・・

←ボルトエンドがエキセントリックしているんです。
この加工が左右にしてあります。

ここを微調整することによって、今まで不可能だったリアのアライメント調整が可能になります。

材質はクロモリ製で削り出し、ユニクロメッキをかけてあります。

販売価格は27825円(2本セット、税込み、税抜き価格は13250/1本)です。

お問い合わせをお待ちしております。

(業販も承ります)

(Q4には適応しませんのでご注意下さい)

冬のうなぎを食す会、ご報告

Photo_4 2/25(土曜日)の夜、第3回冬のうなぎを食す会を開催いたしましたのでご報告いたします。

今回はご参加頂いたメンバーが少なかったのですが大いに盛り上がりました。

うな貴さん→http://www.unashow.co.jp/

Photo_5 また、参加いただけなかった方々を後悔させるに有り余るコメントを、うな貴の親方から頂いておりますのでご紹介いたします。(笑)

「運がいいなぁ、このうなぎはウチの店でも年に数回しか入ってこない位いいうなぎだぞ」、と、嬉しいコメント付きでした。

まずは画像をご覧あれ。

Photo_6  ←

これは大好きな肝焼きです。
ほろ苦さがいいです。

Photo_7

  ←

これは「う巻き」
ほのかな甘みがたまりません。

Photo_8

これは「なべ」
寒いときはこれに限りますね。

Photo_9

これは〆の「重」と肝吸い。
ごちそうさまでしたm(_ _)m

次回はご一緒しましょうね、皆様。

2006年2月25日 (土)

冬のうなぎを食す会

きょうは「冬うな」の日です。

夜7:30より、仙台市内のうな貴にて開催です。
お昼過ぎ位までご連絡いただければ、多少の人数調整は可能ですよ。
もしご希望の方がいらっしゃいましたら早めにご連絡をお願いします。

また、参加をご予定の皆様、よろしくお願いします。

2006年2月23日 (木)

町工場.net

私の発案による「町工場.net」がスタートしました。

今現在、登録店を募集し始めたばかりで、何のサイトか分からない方のために説明します。

多分、知らない方も居ると思うのですが、自動車整備業に関してはすごく細かに別れています。一般の自動車整備業、民間車検、板金修理(外装)、電装整備、ガラス(修理、販売)、ラジエーター、タイヤ、ブレーキetc・・・・と、本当に沢山あります。

そして、その中でも例えば、「ウチはスズキが得意」とか「スバル」、「ドイツ車」、「アメ車」「ラテン系」等、得意な車種が存在するし、表に出てこないスペシャリストも数限りなく存在するのです。板金等では単なる部品の交換ではなく、1枚の金属板から部品を叩きだせる人も居るはずです。

そういった工場とユーザーをつなげるサイトを・・・と考えたのが「町工場.net」です。

また、知らない土地や初めて行く場所などでトラブルや事故等等に遭ってしまった場合を想定してみてください。

その場所の近くに知り合いの車屋さんは有りません、車は不動の状態(若しくは自走が不可能な状況)です。あなたはその時どんな対処をしますか?
一例を挙げてみます。

①まず、自分がいきつけの車屋さんに電話をし、状況を説明して対処方法を一緒に考えて車を回送、引き取る方法。

②JAF等に電話をして引取りに来てもらう。

③知識のある人はなんとか自力で変える方法を考える。

以上の何れかだと思います。もちろんそれ以外のケースもありますが、大きく分類するとこんな感じですよね。

JAFの場合、会員じゃないと結構な費用が掛かるのは皆様ご存知の通り。会員でも何km以上はもちろん有料で費用が掛かります。

不幸にして相手のある事故などの場合は往々にして警察と契約をしている業者が引き取る場合も多々あります。

そこで考えたのがこのシステムです。

例えば登録店で”引き取り無料!”なんて所があったら良いですよね。(もちろんそこで修理を依頼する場合ですが、笑)町工場を登録し、そこの得意な分野を細分化し、直接ユーザーが申し込めるように考えたのです。そうすれば、引き取り、修理、納車、(必要であれば代車)などが見知らぬ土地、もちろん今住んでいる場所でも見つけることが出来れ便利と思います。もちろん携帯電話からのアクセスも可能にしていきます。

参考までに、いつも不思議に思うのは、冬タイヤの交換。

こちらの地方では、冬、一番最初に雪が降ると「スタンド」「カーコーナー」「タイヤショップ」が大繁盛の満員御礼で、タイヤ交換作業に数時間待ちは当たり前なんです。

でも、普通の町工場は意外と暇で雪かきをしていたりします。その時にクイック対応をしてくれる工場が近所にあることを知らないんです。もちろんそこには、国家資格の保有者がいて、きちんとした設備もあり、すぐに作業をしてくれる環境も整っているんです。

転勤などで初めての土地に行ったとしても有効なサイトだと思っています。

今後の展開としては、工場自体を評価性にしてコメントを貰い、いい評価、悪い評価で利用者側の利便性を考えていくつもりです。

今後、こうしたら良い、ああしたら良い、等のご指南を頂いて行ければ、と思っております。

よろしくお願いいたします。

2006年2月19日 (日)

ランチアデルタのタイミングベルトのテンションについて

タイミングベルトの交換時に掛けるテンションについて書いてみます。

まず、ベルトの交換に際し、エンジンの脱着はもちろん必要ありません。なぜ、今更改めて書くかというと、相変わらずエンジンの脱着をしないと作業が出来ないと思っている場合があるからです。

作業は確かにやり辛いのですが(エンジンルームが狭い為)、国産車のベルト交換が出来る方は多分何とか出来るでしょう。既に自分で作業、交換をされている方も多いと思います。

ばらす順序と組み立てる順序、マーキング等をきちんとすれば問題ないと思います。

ただ、私が初めてデルタのベルトを交換したときに思ったのが、「テンションがかなり強い」という事です。もちろん純正の指定工具を使って交換しましたが、指定値に設定するととんでもなく張りが強いのです。したがって、普通に国産車のつもりで張りの調整をすると、すぐに伸びます。運が悪いとコマ飛びを起こしてしまうほど初期伸びは早いのです。

交換までの間にリテンション(テンションの再調整)をするという所もありますが、ウチの場合はリテンションは基本的にしません。ユーザーが希望をすればもちろんしますが、それ以外の場合は交換が基本です。

タイミングベルトカバーに浮き文字で,

do not adjust timing belt tension と書き込まれています。

直訳すれば、「タイミングベルトの張り調整をしない事」ですよね。で、これは、ユーザー(オーナー)に向けた言葉なのか、整備する側に向けた言葉なのかを考えました。

サービスマニュアルには、タイミングベルトの交換は4万km毎で指定されていて、また、2万km毎の点検も指定されています。

私の解釈としては、「2万kmごとの点検をした時に伸びがあまりにもある場合はタイミングベルトのテンション調整をせずに交換しなさい」という事なのだろうと思っています。

ベルトの交換に関しては、担当の方やディーラーの方の方針や考え、ノウハウもありますから一概に言うことは出来ませんが、場所場所で解釈の違いは出ると思います。ただ、特にデルタの場合は、元々8バルブだったものを16バルブ化し、狭いエンジンルームのために簡単に削れるベルトの幅を狭くしてしまった為にトラブルが多く発生する可能性が高くなってしまった車なんです。

ベルトは「切れる」、というよりは「伸びたベルトが、減速時(エンブレ)に必要以上のたわみを起こしてコマ飛びを誘発してベルトの山が無くなる」場合の方が多いと思います。ごく稀にアイドリング中にトラブル事もありますが、交換時期の見誤り、初期テンションの不良を除けば、そうそうトラブルは無い車です。

交換時期に関して、馴れてくると音である程度は判断できますが、残念ながら私はこれを文章で表現する能力が無いのでご容赦下さい。

2006年2月17日 (金)

フロントグリルエンブレム

フロントグリルのエンブレム・・・HF・・・7800円に値上がりしたようです・・。

多分、生産中止なんでしょうね。

2006年2月15日 (水)

お問い合わせについて

お問い合わせ、ご質問がある場合はコメントの欄にご記入頂くか、メールでお問い合わせ下さい。なろべく早い段階で回答できるように心がけております。

実務や休日の状況、質問内容により多少レスポンスタイムがあるかもしれませんが1~3日程度では回答出来るようにしております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

2006年2月14日 (火)

アルファロメオ155、145用のリアアライメント

155、145はご存知の通り、トゥやキャンバー等が調整できませんでした。

そこでエキセントリックボルトを作成しました。

詳細、価格は後日アップしますのでお楽しみに!

2006年2月13日 (月)

やはり・・・

不思議と同じタイミングで同じ車が入庫してくるんです・・・。

最近はアルファのV6が多いです。
ツインカムだったり、ターボだったりしますが基本的にはV6です。

年明けからずーっとV6を触っています・・・・タイミングベルト、ウォーターポンプが多いですね。以前のHPでも書いた事があるんですけど、不思議と整備や交換の時期が同じ、っていうか重なる傾向にあるようです。

昨年はアルファのクラッチが多かったんです。
車種はバラバラでしたが、これも不思議と重なりました。何でだろう?

さ、155のベルトをやりましょう!(笑)

2006年2月10日 (金)

欠品が・・・

ネタが欠品情報で申し訳ないんですけど・・・・。

最近、シャレにならないほど欠品の情報が入ってきています。

①フロントフェンダー(これはとっくに・・・)
②ボンネット(カーボンなんかのリプレースがあるからまだいい)
③コラムスイッチ
④パワステラック(新品供給は終了でリビルトのみ受付らしい)
⑤ドアハンドル(アウター)これも折れるんですよね
⑥ヘッドライト(本体、Assy共)
⑦もう書きたくない・・・・。(苦笑)

仕事に差支えが出るんじゃないか?って心配になります。
とにかく、フロントからぶつけちゃダメ!です。

エンブレムの類もボチボチやばそうだし、セット購入後希望の方はお早めに。

そのうち買おう、は手遅れになりそうですね・・・ウチでも少し在庫増やそうかな・・。

2006年2月 5日 (日)

冬のうなぎを食す会♪

皆様お待たせしました。

「冬のうなぎを食す会」の季節がやってまいりました。(笑)
ナイアガラさんの熱いリクエストにお答えして開催します。

冬の時期は、夏よりも脂が乗っていて旨い!という情報を頂いて、早数年。開催の度にご好評を頂いております。うなぎなんて別に・・・とお思いのあなた!意外と食べないのがうなぎ屋のうなぎ。ラーメンはラーメン屋さん、寿司は寿司屋さん、蕎麦は蕎麦屋、餅は餅屋と食べ分けるのに意外にうなぎは機会が無いかもしれませんよね?この機会に是非お試し下さい。

2月25日(土曜日)開催予定です。
参加ご希望の方はお問い合わせ&お申し込み下さい。
今年は雪が多くて寒い日が続いていますが、うなぎを食べてスタミナを付け、熱い車談義に花を咲かせましょう。
参考URL→http://www.unashow.co.jp/

メールでのお問い合わせについて

お願いがあります。メールでのお問い合わせを頂くことがありますが、
返信しても戻ってくる場合があります。問い合わせをする場合はメールの設定をご確認の上でお願いします。

お問い合わせが有った件に関しては全て回答するように心がけています。(今まで返信率は100%です)問い合わせをしたのに返事が無い!と、ご立腹される前にPCの確認をよろしくお願いします。

伝票整理・・・

この時期は実務が比較的暇な事も手伝って、思いがけず伝票整理が順調に進んでいます。

税務署の暇な時期を狙って早めに提出しようと思っています。これが終わらないと一息つけませんからね。(笑)

でも、やっぱり早く実務に戻りたい!(笑)

2006年2月 4日 (土)

なんだかなぁ・・・。

順調にアクセスいただいてありがとうございます。

今まで試作ということでブログを作成していました。
順調に進んだお陰で容量が少し不安になってきたのでアップグレードしようと思い、操作をしようとしましたがわかりません・・・・。

仕方なくNiftyに問い合わせたところ、現在のページからのアップグレード(容量変更)は出来ず、再契約とURLの変更が必要との事・・・。

なんだかなぁ・・・・どこにもそんな事書いてないんだよなぁ・・・。
せっかくURL公表して覚えてもらい始めたのに・・・・。

またジャンプしてもらうしかないのかなぁ・・。

2006年2月 2日 (木)

MP3プレイヤー

Mp3_1 使えそうなモノを見つけましたので紹介します。

シガライターに差し込んでFM電波で飛ばすタイプのMP3プレイヤーです。
大きさも手ごろで室内の雰囲気を壊すことなく、好きな曲を簡単に持ち運び出来るのが特徴です。

Mp32_1

真ん中にある小さなダイヤルで周波数の調整が可能です。
7ch(87.7~88.9MHz、0,2MHzステップ)

(本体もかなり小さいです)

Mp33_1後ろにある差込み口にUSBフラッシュメモリー(USB1.1,2.0対応、フラッシュメモリー16MB~1GB)を差込むだけ、上面の3つのボタンで再生、一時停止、早送り、巻き戻し、の操作が出来ます。(再生フォーマットはMP3)
オーディオケーブル付属でi-Pod、MP3プレイヤー、CD/MDプレイヤーも接続可能です。

Mp34 (←若干見づらいですが上面の操作ボタンです)

複数台数所有の方や営業車に乗る機会のある方にも有効だと思いますし、
「最新オーディオが自分の車のインパネに似合わない」と思っている方にもオススメですね。なんと言っても脱着が簡単です。

既に山形のハセさんにはお使い頂いていて、先日使い勝手を尋ねたところ、
「操作も簡単で使いやすい」との事でした。

(商品にはフラッシュメモリーは付属していませんのでご注意下さい。)

現品を確認したい方は在庫があります。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »