リンク

イタリア車ミーティング

  • 3_mtg_ph4thumb
    初回のミーティングです。最初はランチアデルタミーティングでスタートしました。場所は福島、裏磐梯です。皆で軽くツーリングを・・・と思いましたが賛同者が思いのほか多く(感謝です)、昼食に困ったのも楽しい思い出です。

イタリア車ミーティング、Vol2

  • 2_mtg_ph1thumb
    第2回は、デルタだけではなく、イタリアの車全般に広げました。場所は、釜房湖畔に集合し、蔵王を経由してのドライブ!前回の反省点を生かし、山形蔵王にホテルを予約して昼食をとりました。申し込み制にしたのもこれからです。

イタリア車ミーティング、Vol3

  • 4_mtg_ph1thumb
    場所を岩手高原に移しての開催です。ツーリング色が濃くなりました。参加台数も増えてきました。

イタリア車ミーティング、Vol4

  • 5_mtg_ph16thumb
    同じく岩手高原での開催でした。この時は横浜のアウトリキャンビイスコさんにご協力頂き、ゲストカーに「ストラトス」を持ち込んでいただきました。

イタリア車ミーティング、Vol5

  • 6_mtg_ph17thumb
    場所を岩手高原から、地元宮城に変更しての開催です。(変更理由は開催場所が岩手山の火山活動が活発化した為、グリーンシーズンの営業を中止するとのコメントがあったからです) リゾートパークオニコウベでの開催。このときもイスコさんのご協力でゲストカーにデルタのラリーカー(アクロポリスウィナー)本物!!を持ち込んでいただきました。参加台数は100台を越え、参加者は150名を越えました。

イタリア車ミーティング、Vol6

  • 7_mtg_ph1thumb
    同じくオニコウベでの開催です。女性向けにティーレッスン等を企画しました。

2020年2月 3日 (月)

ランチア デルタ用オリジナルマフラー生産終了のお知らせ

お陰様でご好評をいただいておりました

「デルタ用ステンレスマフラー」ですが

 

残念ながら材料の供給元の関係で

今の在庫限りで生産を終了することになりました。

購入を検討されている方は、お早めにお問い合わせください。

2020年1月31日 (金)

オイルの話(寒い時期にある症例)

冬とはいえ、暖かい日が続いています。

とはいえ、やはり東北、気温的には厳しいです。

さて、オイルの話

設計年次の旧い車には鉱物油、新しい車には化学合成油、とよく言われます。

オイルの性能的には化学合成の方が優れていることは否めません。

では、何故相性的に合わないといわれるのか

結論からわかりやすく言うと、

化学合成の方が浸透性に優れており、細かなところまで入り込んでくれる性質があるから

このため、ガスケットの密着が現代の車に比べて比較的甘い(工作加工精度やガスケットの材質も含みます)設計年次の旧い車には合わない、といわれる由縁だと思います。

逆に考えれば、細かなところまで浸透してくれる性能を鑑みると、性能的には化学合成に軍配が上がると思います。

 

先日、オイル交換のご依頼があり交換をさせていただきました。

オイルは鉱物油指定だったため、お客様に好みのブランドのものをお持ち込み頂くようにアナウンスしました。

抜き取りも終わり「随分かためのオイルだな~」(20w-50)と思いながらも注入

その後、エンジンが始動不能に・・・

セルモーターの回り方がバッテリー上がりのように重く、バッテリーが上がったのか?と思ったほどです。

エンジン始動用の補助電源を使い、セルを回しましたがNG、プラグが完全にかぶってしまいました。

結局スパークプラグを交換し、シリンダー内部のガソリンを飛ばし、オイル交換(化学合成10w-40)して始動可能に。

寒い時期に粘度の高いオイルを使用すると始動不能になる場合がある勉強をさせていただきました。

 

オイル交換をするタイミングと粘度指数の選択は意外に大切ですね。

 

 

 

 

2020年1月17日 (金)

今年の抱負

大変遅くなりましたが、

早いもので2020年を迎えました。

今年の3月で丸23年ですから、足掛け24年目に入ります。

最近はカラダの不調もあり、ご心配、ご迷惑をおかけしており申し訳なく思っています。

年も明けましたので気持ちを入れ替えて仕事に取り組みたいと考えています。

仕事をご依頼いただくお客様の信頼に応えられますように精進します。

思うことばかり沢山ありますが(笑)

確実に、ひとつひとつ、丁寧にを心がけていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2019年12月28日 (土)

今年もお世話になりました。

なかなか更新しないブログですみません。

年内営業も今日が最終日

お陰様で何とか今年も無事に終える事ができました。

今年もご愛顧賜り、ありがとうございました。

9月末からの体調不良でご迷惑とご心配をお掛けし、

まことに申し訳ありませんでした。

お陰様で徐々に回復傾向にあり、

仕事もこなせるようになってきています。

でも最近は、無理をしない、仕事量を調整する、

を心掛けています。

無理をしてしまい、万が一の再発があれば、

それ以上に大変になります。

歳を重ねる毎に気を付けていかなければ、と思う次第です。

 

年末年始休業は、

12月29日~1月4日の間となります。

1月5日から営業再開予定です。

 

今年も大変お世話になりました。

新年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

2019年11月 7日 (木)

ご報告、2

皆様にはご心配をお掛けしており、申し訳ございません。

本日通院し、担当医師との相談の結果、

症状は改善方向にあり、低下していた握力、筋力も回復傾向にある事から、懸念されていた手術等での入院は、今の所不要との診断を頂きました。

自分でも回復傾向にあるのか?と考えてはいましたが、あくまで素人判断になりますので正式に診断していただいた上でのご報告となります。

勿論、完全治癒した訳では無く、小康状態を保っているだけとの認識も有ります。

腕、手に関してはドンドン動かして良い、とも言われましたので通常の業務に戻そうと思います。

ただし、再発の心配はあるわけで、急に戻すよりは少しずつと考えています。

急に無理せず、少しずつ正常に戻れば、と思っています。

何れにせよ、現段階で良いご報告ができる事を嬉しく思います。

取り急ぎご報告させて頂きます。

ご心配頂きありがとうございました。

 

 

2019年10月11日 (金)

ご報告

ご無沙汰しております。

既にFB(フェイスブック)の方ではご報告させて頂いている内容ですが、此方にもアップしておきます。

先月下旬より、左肩から左手にかけて痛みと痺れを感じるようになってしまいました。

当初は、筋肉痛や筋を痛めた?位に楽観視していましたが、日を追う毎に痛みが酷くなっていきまして我慢をする域を超えた為、病院に行きました。

正式な見解、診断はもう少し先になりますが、体の状態としては左腕と左手に力が入りにくい状況です。

勿論、全く動かないわけではありませんし、徐々にではありますがある程度良くなって来ているのか?と思うこともあります。

しかし、メカとしては「手」が一番重要な工具でもあります。

無理をして根治までの期間を長引かせてしまうと、逆にご愛顧頂いているお客様に長くご迷惑をお掛けする事になってしまうかと考えましたので

当分の間、毎週火曜と水曜をお休みさせて頂きます。

また、通院の為に不在にして、折角ご来店頂いても、ご迷惑をお掛けする場合も懸念されます。

大変申し訳ございませんが、ご来店前に事前確認をお願い致します。

皆様にはご心配、ご面倒をお掛けいたしますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(今月の通院予定は今の所、17日午後、21日午後が決定しております。)

2019年7月23日 (火)

スパークプラグの話

久しぶりにブログの更新です。

ブログを書く、というと読み物や記事として書かなければ!と思う気持ちが先にあり、なかなか更新しなくなっていますが時々書きますので時々チェックして下さい。(笑)

さて、タイトル通りのスパークプラグの話です。

最近のクルマは、イリジウム等の高価な希少金属チップを使用したスパークプラグ(以下プラグ)を使用しているクルマが増えました。

点火系統もECUでコントロールされて、ダイレクトイグニッション(所謂、プラグ1本に対して1個のコイルで点火するもの)になり、既に昔懐かしくなってしまった「ディストリビューター」なんてものは淘汰されてしまったようです。

以前、通勤車両でIGコイルの話を少し書きましたが、今回も通勤車両ネタです。ただし、クルマとしては同じ見解なので参考になればと思います。

クルマはスズキのエブリィ、3気筒です。

自分の場合、通勤距離が長く(片道50km弱、1日100km近く)、当然年間走行距離も伸びてしまいます。

このクルマだけでも年間3万km(他のクルマも使用しますので人間はもっと走ります)も走りますから、エンジンオイルの交換やATF(A/T)、エアフィルター、その他の消耗部品は気に掛けて小まめな交換を心掛けて、クルマを長持ちさせるように気を使っています。

以前のコイル交換の際、プラグを前回交換した記録を確認して「未だ大丈夫」と思い、その時はコイルのみを交換し、プラグは未交換でした。未交換理由としては、国産車だから、(ノーマルでイリジウム採用)イリジウムは長寿命、高いから(笑)などの理由でした。(有りがちと笑って下さい)

先週の定休日に家族と一緒に出かけた際、坂道になったのでアクセルを踏んだところ失速しないまでも「グォン、グォン」という感じでキチンと加速しない状況になりました。一瞬驚きましたが、職業柄(笑)故障診断モードに入るわけです。

アクセルを緩めると元に戻り、静かにアクセルを開けるとゆっくりと加速します。

急加速しようと多めにアクセルを開けると症状は再現可能です。

こりゃプラグだな(コイルは前回交換済み、コイルならゆっくり開けようが変わらない筈)と考え、翌日プラグを手配し、翌々日には交換、試運転チェックして症状が消えている事を確認できました。

ここからが本題

参考までに、

自分が前回プラグを交換してから今回に交換までの時間は1年半、走行距離は約4.5万km(その間コイルを全数交換)でしたので、距離的に考えても、もう少し持つかな?と思われると思いましたが、交換する為に外したプラグは驚くほどに消耗していました。

原因としては、

基本的に通勤などで使用するのでルート上、平坦地しか走らない、高速道路も基本的に乗らない(急ぎの出勤などは別)、急な加速をする事が無い(する必要が無い)、一部のエコカーのトロトロ運転で阻まれても慣れてしまっているから踏まない、オジサンなので穏やかな運転になっている(笑)、等の様々な理由で、

アクセルを踏んで正常な加速をするかの確認が出来る運転をしていない、事が主原因だと思います。

症状が発覚したのは、

坂道、いつもよりクルマが重い(人が乗っている)、所謂、負荷が大きい状況でしたから通常よりは遥かに力が必要だったのです。

プラグに関しても、イリジウムだから長寿命、と思い込んでいて交換を怠ってしまっていた事にくわえ、同じ速度でも軽自動車なので普通車両よりもエンジンの回転数は高い傾向にあり、同時に着火(点火)回数が増えてプラグの消耗も早くなる事を忘れていました。

皆様お持ちのクルマも、時々は高速の合流加速、追い越し加速等でアクセルをキチンと踏んで、正常な加速が出来るか、変な感覚は無いか、などを確認しながら乗っていただけると良いと思い今回の書き込みをしました。

少しでも参考になればと思います(笑)

 

2019年6月21日 (金)

ランチア デルタ ヒーターコアからのクーラント漏れ

ランチア デルタのクーラント漏れです。

漏れの部位は「ヒーターコア」

Img_5214

これを交換するには、ヒーターユニット丸ごと外して分解しなければなりません。

デルタのヒーターユニットはエンジンルームにあります。

これが結構大きな代物で、キチンと取り外すには色々な物を外してスペースを作る必要があります。

エアコンコンプレッサー、インテークマニホールド、その他付属する部品、ステー、配管、配線等

色々と取り外して、出来たスペースでエンジン側に引き抜きます。

Img_5204

今回作業させていただいたクルマは、残念な事に以前の作業でケースが破損していました。

取り外し難い代物ですからケースを破壊して内部の部品を取り出したのだろうと思います。

デルタも順調に年月を重ねていますので部品の入手が困難な物も数多くあります。

Img_5215

使える部品は修理して使う、

考えましたが接着では無く、針金を熱して樹脂に埋め込んで補強剤として使うタイプの道具を使って割れている部分を繋ぎました。

若干出来てしまっている隙間はグルーガンで埋めます。

Img_5255

なかなか修理も一筋縄では行かなくなって来ましたね(笑)

 

2019年4月26日 (金)

最近の整備内容

最近はコンピューター診断機(テスター)がないと仕事が出来ないクルマが増えました。

後々、車検自体がテスター接続になる様な話もあります。

今でも、クラッチやブレーキパッドの残量等も目視しなくとも分る車が増えています。
(こうなるとご自分での交換は多分お手上げですね)

ただ、目に見えない(気が付かない)故障もあるのです。

以前はバッテリーを交換しても、精々時計やカレンダーなどを後で合わせれば良かった程度でしたが、今はコンピューターのバックアップ電源が切断されてしまった信号が入り、記憶されてしまいます。

また、ご自分で分解された場合も部位によっては記憶され、それに起因してしまう不具合が発生する事も否めませんのでサンデーメカニックを自称する方でも弄り難い状況になりつつあります。勿論、スマートフォンやご自身のPCにダウンロードして使えるソフトなども有りますから単純なエラーの消去等はご自分でされる方も多いです。

ここでお願いとしては、仮に不調が発生した場合はエラーの消去はせずに車を持ち込んで頂きたいのです。

エラーのデータは大切です。

幾ら消しても消えないエラーは未だ良いのですが、時々発生する事例に関しては消去されてしまうとご入庫後の点検段階で再現不能の場合も出てくる可能性があります。

ウチに初めてご入庫の場合、

ご入庫後点検→フォルトチェック→確認→点検(問診及びフォルト消去含む)→症状が治まった場合(何か別の原因でフォルトが入っている場合があるのである程度の期間経過観察)→再発の場合は修理、が基本的な流れです。

二度目以降の場合、

再診断→不良箇所特定→修理、となります。

一筋縄では行かないケースもありますのでご留意下さい。

 

2019年3月29日 (金)

お陰様でいつの間にか

今年も3月29日を迎える事が出来ました。

お陰様で1997年の今日、ARPをオープンして丸22年が経ちました。

これもARPを可愛がり、ご愛顧下さいましたお客様方のお陰と感謝しております。

ありがとうございます。

多分、毎年同じ事を書いているのだろうと思いますが(笑)

‘97に店を開くまでの準備期間に約3年ありました。

‘94に当時勤めていた所が急に閉めてしまい、一部の従業員と役員を除いた現場の人間には一切周知されない状況での急な廃業だった為、その時は正直途方に暮れました。

しかし、元々独立希望だった私は、時間は多少掛かりましたが逆に良い機会と考えて前に進みました。

‘94後半は関東の某ショップにて修行も兼ねて出稼ぎへ

‘95に宮城に戻り、当時の友人の車屋を間借りする形で暫定スタート

‘96にそこを出て、クルマに工具を積んで出張修理をしながら準備を進め

そして‘97/3/29に念願の自分の店を開けました。

持って半年、ダメなら就職、今となっては若気の至りかと思えるほど勢いが有りました。

その年に生まれた甥も今は大学を卒業し、春から院生です。

歳をとるのは当たり前ですが、月日の経つのは早いものです。

それから22年、あっという間でした。

今は車の修理もECUの診断機が無いと出来ない時代です。

思い起こせば自分はメカとして良い時代をすごしてきたと思います。

キャブ、ポイントから始まり、触媒が付き、インジェクションになり、ターボが付き、ハイブリッドになり・・・

段々とキャブを弄れるメカも今後少なくなるんだろうな、などと思うこのごろ

明日から23年目に入ります。

もう3年頑張れれば四半世紀になります。

まだまだ、もう少し、頑張りますので変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

«シフトの話